61A9SxXbbML  1979年リリース、2枚目のアルバム。UKチャートでは最高2位、ちなみに日本でも、オリコン・チャート最高16位まで上がっている。本格的にポピュラリティを確立したのは、やはり代表作『Synchronicity』の頃だけど、当時から既に日本でも、そこそこの知名度はあったのだ。
 
 今でこそ「Creamと並ぶ歴史的なロック・トリオ」としての評価が高いPoliceだけど、当時の日本での評価は、「バカテクだけど、やたらに日本好きなバンド」という受け止められ方だった。
 デビューして間もない頃に来日しているのだけれど、なぜかライブの予定は組まれず、ちょっとしたプロモーションとPVの撮影のみに終わっている。で、その時に撮影されたのが、デビュー曲"So Lonely"なのだけど、これがまた意味不明。ほぼ全編、営業中の都内地下鉄でロケーションしているのだけれど、当然新人バンドのため、車両丸ごと貸し切る予算があろうはずもなく、無許可のゲリラ撮影を強行している。なぜこのシチュエーションを選んだのか、監督の意図は何だったのか、後年行なわれたメンバーへのインタビューでも、口を揃えて「意味不明だった」とのコメントしか出て来ないのだけれど、まぁ意味なんてないのだろう。MTV以前のPVはこのように、コンセプト不明の映像作品が粗製乱造されていたのだ。

1979-the-police-live

 通常運行中の地下鉄車内にて、正体不明の外人3人がアテレコで好き放題歌い踊る様は、とてつもなく異様である。普通に通勤・通学中の一般人の微妙なリアクションと、半分ヤケクソ気味な外人3人のハイ・テンションとのギャップとが微妙にすれ違うことによって、逆にそれが当時のバンドの意味不明な勢いを引き立たせ、時代に風化されない怪作に仕上がっている。
 
 Police時代を通して、またメンバー3人のソロ・キャリアを通して言えるのは、壊滅的なビジュアル・センスのズレ具合である。オリジナル・アルバム5枚のアルバム・ジャケットを並べてみればわかるように、その卓越した音楽的センスとのあまりのギャップに気づくはず。

71tZOqwQGjL-tile

 ニュー・ウェイヴからコンテンポラリーなロックバンドへ華麗な脱皮を遂げた『Ghost in the Machine』からはスタイリッシュに垢抜けているけど、それ以前、特にこの『Reggatta de Blanc』のジャケットのセンスはひどい。
 デビュー作(『Outlandos d'Amour』)はまだわからないでもない。ポッと出の新人にそれほど予算もかけられないだろうし、新進パンク・バンドとして売り出すわけだから、逆に武骨なデザインの方が良い。でも2枚目ともなると、それなりにセールスも見込めたわけだから、もうちょっと何とかならなかったの?と言いたくなってしまう。
  
 噂では、マネジメントを行なっていたStewartの兄Miles Copelandが、実はCIAの秘密諜報員で、Policeがブレイクしたのも、世界ツアーという大義名分のもと、各国の情報収集に動きやすくなれるよう、CIAがチャート操作した、という説がある。あまりに荒唐無稽過ぎて、今なら2ちゃんねるの過疎版にでもコッソリ書かれていそうなネタだけど、なかなか無責任で面白いエピソードである。

3700633

 個々の音楽的才能・スキルは、ほんと同世代のミュージシャンと比してもダントツのレベルなのだけど、『Synchronicity』前後のビジュアル戦略以外は、デザインやPV、フォト・セッションなど、どれも微妙さが付きまとう。
 それなりに年齢や経験も重ね、それなりに洗練された近年においても美的センスのレベルは変わらず、再結成後のライブ・アルバム(『Certifiable』)なども、サウンドは全盛期を維持しながら、ジャケットはホント、素人自作のブート紛いのレベルだった。
 
 なぜ周りの誰も、何も言わないのか。
 それがPolice最大の謎とも言える。


Reggatta De Blanc (Dig)
Reggatta De Blanc (Dig)
posted with amazlet at 16.02.06
Police
Interscope Records (2003-03-04)
売り上げランキング: 57,572



1. Message In A Bottle
 俺が一番最初に買ったPoliceのCDということで、個人的にも特に思い出深いのが、このアルバム。
 『Synchronicity』全盛期の中、高校生の少ない手持ちの中、札幌の玉光堂でこのアルバムを選んだのだけど、多分この曲が入っていたのが決定打だったと思う。それくらい、この曲のインパクトは強い。
 「無人島で空き瓶にSOSのメッセージを入れて海に流したが、ある朝浜辺を見ると、世界中からSOSのメッセージの入った無数の空き瓶が漂着していた」という、イギリスの珠玉の短編のような歌詞は、もはやロック史においても燦然と輝くクオリティ。しかも、粗野で暑苦しいパンク・バンドが、見た目に似合わずハイ・レベルのサウンドでこれを歌うのだから、注目されない方が不思議である。
 Stewartのテクニカルなドラムが主にサウンドを牽引しているのだけれど、有名なAndyのギター・リフ、ヴォーカルながら、ただのダウン・ビートでは終わらせない、Stingの独創的なベース・ラインといい、すべてのピースがうまくかみ合った、全キャリアを通しての傑作。



2. Regatta De Blanc
 空間を活かしたドラミング、スペイシーなギター、Stingのフェイクで構成される、タイトル・ナンバーなのにインスト。
 最初っからインスト前提でレコーディングされたのか、それともメロディーや歌詞がうまくはまらなかったのか、はたまたタイム・スケジュール的にカツカツとなったため、何となく雰囲気っぽいセッションでお茶を濁したのか。どうとでも解釈できる曲である。
 
3. It's Alright For You
 Policeとしては、比較的シンプルに作られた8ビート。ただStewartの手数が相変わらず多いため、素直には聴かせないぞ、という意思すら感じられる。
 後半に進むにつれ、Andyによるギターのトラック数が増えており、あらゆるサウンドの重層構造になっている。Stingのキャッチーなメロディーが、当時のニュー・ウェイヴっぽさを反映している。
 
4. Bring On The Night
 Andyの初期ベスト・ワークに数えられるナンバー。細かいリフを散りばめたクリア・トーン・サウンドは、後年、あらゆるギタリストによって模倣されまくった。
 レゲエ・ビートとStingのハイトーン・ヴォーカルが南国っぽい。間奏のベース・ソロも、シンプルながら曲を盛り立てている。

 
 
5. Deathwish
  初期Policeとしては4分超の長尺曲。イントロもたっぷり1分と長く、焦らすだけじらさせる。基本、4.と同じコード進行なのだけれど、ベースの音が他の曲より重く、それが全体のサウンドに影を落としている。まぁタイトルもタイトルだけど。でも、ギターの構成がカッコいいので、埋もれてしまうには惜しい曲。
 
6. Walking On The Moon
 Stewartのハイハット・ワークの小技が光る。4.に続き、こちらも後年に大きく影響を与えた、サスティンを大きく利かせたAndyのギター・サウンドが心地よい。Beatles"A Hard Day’s Night"にも匹敵する、有名なサスティン・サウンドがここにある。しかも、こちらはほぼ全編に渡って鳴りまくっている。
 陳腐ではあるけど、ほんと" Walking On The Moon"、月の上を歩いているかのようなサウンド・プロダクションである。

 
 
7. On Any Other Day
 この辺になるとパンクやレゲエというよりむしろ、モッズ・バンド的な風情すら感じてしまう。 初期のKinksの未発表音源だとレクチャーされてから聴くと、何の疑いもなく納得してしまいそう。
 
8. Bed's Too Big Without You
 ロックの視点からフォーカスされた、本格的なレゲエ・サウンドだけど、この曲を最後にPoliceのレゲエ・テイストは次第に薄れてゆく。というより、パンクやレゲエを消化した、最強のロック・トリオへと進化してゆく。
 凡百のパンク・バンドに埋もれぬよう、戦略的な付加価値として選択したレゲエ・サウンドには、もうそれほど魅力を感じなくなったのか、それともミュージシャン・シップに目覚めて新規路線の開拓に走ったのか。
 
9. Contact
 Stingのベース・ラインが歌っている、ちょっと怪しげながら、実はポップな曲。Andyのリフも、ややBeatlesテイストになっている。
 この曲に限ったことではないのだけど、どれもStingが歌っていなくても十分成立するサウンド・プロダクション、というのがPoliceサウンドのもう一つの特徴でもある。
 この曲だって、ほんとはヴォーカル抜きで聴いていたいくらいである。

The-Edge-GTO-___-The-Police-1979

10. Does Everyone Stare
  珍しくピアノが導入された、パンク~ニュー・ウェイヴというラインではなく、後年Stingがカバーすることになる Kurt Weillテイストの強いナンバー。なので、ロック的な要素はほとんど感じられない。アルバム構成的にはこういうのもアリだろうけど、これだけを抜き出して聴くことは、これからも恐らくないと思う。

11. No Time This Time
 パンク時代への惜別のような、急き切ったハイ・テンション・ナンバー。あまりテクニックをひけらかさないタテノリ・ビート、少しエフェクトを利かせたハイ・トーン・ヴォーカル、大きく歪ませたギター、バットマンのテーマを思わせるベース・ライン。ヤケクソ気味なコーラスも気持ち良い。
 9.と同じく、これ以降、ここまでストレートなガレージ・サウンドは少なくなってゆく。



 パンク~ニュー・ウェイヴ時代には、既成の価値観を覆したとされる、様々なアーティストが輩出されたのだけど、その後も末永く生き残ったのは、結局のところ、初期衝動だけでなく、きちんと方向性が確立された者ばかりだった。
 過去の否定には勢いとパワーが不可欠だけど、持続させるためにはテクニックと知識、つまりは基本の演奏力、それと過去の音楽から得た素養にかかっている。セミ・プロ上がりのPoliceにとっては、浮かれたニュー・ウェイヴ・シーンなどはただの足掛かり、通過点に過ぎなかったのだろう。




グレイテスト・ヒッツ
ポリス
USMジャパン (2012-06-20)
売り上げランキング: 19,355
Message in a Box
Message in a Box
posted with amazlet at 16.02.06
Police
A&M (1993-09-28)
売り上げランキング: 128,121