好きなアルバムを自分勝手にダラダラ語る、そんなユルいコンセプトのブログです。

ダップ・キングス

2015年のソウル・クリスマス - Sharon Jones & The Dap-Kings 『It's a Holiday Soul Party』

folder 2015年も末にリリースされたばかりの、初のクリスマス・アルバム。相変わらずの平常運転、いつも通りの60年代ヴィンテージ・ソウルっぷりである。

 考えてみると、近年クリスマス・アルバムといえば定番曲を集めたコンピレーションが主流で、単独アーティストによる作品はほとんど聴いてなかったのだけど、調べてみると結構な数のアルバムがリリースされており、単に俺がそういったイベントから縁遠くなっていただけだった。
 Mariah Careyはド定番として、今年はKylie Minogueが参戦しており、Mary J.BligeやRod Stewartまで、錚々たるメンツが名を連ねている。どちらにせよ、どれも俺の趣味とは微妙にズレてる人たちばかりである。
 ちなみにここ日本では、アイドルやアニメ関連での企画物は多々あるけど、アーティストがしっかり本腰入れて作ったものは少ない。十分生活に根ざしたイベントだと思うのだけど、あまり需要がないのか季節商品に力を入れるのに気が進まないのか。
 全然関係ないけど、調べてみてちょっと気になっちゃったのが、これ。

411KCGDFW9L

 前回のレビューでもちょっと触れたように、ヴォーカルのSharon、胆管ガンの手術成功後、間髪を入れずにオリジナル・アルバム『Give the People What They Want』をリリース、グラミー賞にノミネートされるほどの絶賛を受けたのだけど、この秋にガンが再発したと公表、「今後は化学療法を受けながら病魔と闘ってゆく」というステイトメントを発表した。遅咲きのキャリアのため、年齢はすでに50オーバーだけど、肉体的にガンの進行は予断を許さない。長い目で付き合ってゆくしかないのだ。

 公式サイトを見てみると、この夏からTedeschi Truksとのツアーを開始、最近ではドキュメンタリー映画が製作されるほどの多忙さのため、取り敢えず病状的には安定はしているらしい。単発ではあるけれど、余裕を持った日程のツアーも年末からスタートするので、無理しない程度に頑張ってほしい。
 でも、ペース配分とか考える人じゃないよな、きっと。

 そんな不穏な状態の中でリリースされた、突然のニュー・アルバムである。
 このように手馴れたスタンダード曲を交え、企画ミニ・アルバム的スタイルでのリリースは、多分Sharonの都合上、オリジナルを充分に練り上げる時間がなかったためと思われる。まぁどちらにしろ、彼らのようなライブ主体のバンドでは、スタジオでじっくり音を作るより、本番一発せーので合わせるほうが性に合っているので、結果的にそんなに音は変わらないけど。

images

 デビュー当時から所属しているDaptoneは、2002年にニューヨークで設立された60〜70年代のソウル/ファンク/ジャズをベースとしたアーティストを専門に扱うレーベルで、彼女が看板アーティストの1人。
 基本、過去タイトルのリイシューではなく、新規録音が主体であり、一応自社スタジオも構えている、ちゃんとしたレーベルである。しかもそこのスタジオ機材が、今どきヴィンテージのアナログ・テープ使用というところも徹底している。メンテナンスやエンジニアリングも含め、収益優先で考えたらとてもできることじゃないけど、理想のサウンドを求めた結果なのか、どのアーティストのリリースにおいても、このスタイルを貫き通している。
 そんな頑固な姿勢によるレーベル運営は、短期的に回収できるビジネス・モデルではないけど、全世界を相手にすることによってどうにか成り立つことが可能であり、地味ではあるけど、どのカタログもロング・テール型のセールスを記録している。

 彼女の他にも、Charles Bradley やLee Fields、Budos Bandなど、70年代から進化を止めてしまったようなオールド・スタイルのアーティストを多々抱えているのだけど、まぁ日本じゃほとんど名前を知られてない人ばかりである。オールディーズ系の発掘は世界一進んでいる日本だけど、現役のアーティストに対しては紹介すらされない状況、それは昔から。
 Stylisticsなどの甘茶系スウィート・ソウルの需要は昔からあるのだけれど、彼女にようなアッパー・チューンを主体としたファンクネスはあまり受け入れられないのも、メロウな旋律につい惹かれてしまう日本人の特徴でもある。
 なので彼らのアルバム、Sharonを除いてほとんどは、日本発売さえ見送られているのが現状である。
 そんな中でもSharon はすでに6枚のアルバムをリリース、他のアーティストも着実にキャリアを重ね、地味ではあるけれどコンスタントな活動状況なので、海外においてはそれなりのニーズがあることがわかる。なので、なにも無理して日本くんだりまで来てプロモーションしなければならない必然性もない。別に日本だけが上客ではないのだ。

CR75A9bWwAAeFVV

 で、Daptone 、日本で例えるなら若手演歌歌手専門レーベルみたいなものだけど、取り巻く環境はどこも同じらしく、ドサ回りともいえる地道なロードによって活動を維持している。これもどこの国でも言えることだけど、トラディショナルなジャンルは案外息が長いのだ。
 ただ、日本の演歌の平均的ユーザーが後期高齢者で占められているのに対し、Daptone のアーティストらは老若男女バランス良い分布となっている。実際、若手アーティストとのコラボも多く、年齢層の若いフェスにも普通に参戦している。若手との交流が上手く行ってるのは、ベテランが偏見を持たないこと、そして若手がきちんとリスペクトしていること、それでいながらナァナァにならず、真摯な姿勢で音楽に対して向き合っていられる環境だからなのだろう。

 そういった恵まれた環境の中、Sharonも業界内ではウケが良く、Michael Buble からPhishまで幅広いアーティストとコラボしており、グラミー効果とドキュメンタリー公開時に行われた迫真のパフォーマンスによって、一般的な認知は高まっている。何しろあのめんどくさいPrinceともライブで共演しているくらいだから、実力のほどは言わずもがな。
 大物アーティストのサポートから場末のクラブでのささやかなセッションまで、ありとあらゆるオファーをこなすDap KingsもSharon 同様、経済的基盤を確保しつつ、外部セッションで得たクリエイティビティをバンド本体にフィードバックさせている。
 そういった好循環によって、過度にセールスを気にすることなく、とことん自分たちの好きな音楽をやってゆけるので、バンドとしてはいい状態が続いている。

 それでも危惧してしまうのは、やはりSharonの体調。あり余る精力が漲ってる彼女だけれど、決して楽観できる状態ではないので、お身体だけはお大事に。
 それとDaptone、綱渡りの経営だろうけど、できるだけそのまんまの規模で、これまで通りの仕事を続けてくれ。


It's a Holiday Soul Party
It's a Holiday Soul Party
posted with amazlet at 16.02.16
Sharon Jones & The Dap-K
Daptone (2015-10-30)
売り上げランキング: 63,873




1. 8 Days (of Hanukkah)
 Hanukkahとはユダヤ教のイベントで、これがクリスマスにあたるらしいけど、よくわからん。8日間取り行われることがタイトルの由来。一般的にクリスマスと言えばやっぱキリスト教だけど、その辺分け隔てなく、みんなでクリスマスを祝いましょう的ムードが流れているオープニング・ナンバー。

2. Ain't No Chimneys In The Projects 
 そこからちょっとしっとりした、静かだけどパワフルなソウル・バラード。サックスのフレーズにジングルベルが挿入されているあたり、クリスマス・ムード。ビデオがアニメ仕立てになっており、本人たちは出演してないけど、これがなかなか可愛くて、それでいてちょっぴりホラー・チック。



3. White Christmas 
 スタンダードをファンキーにアレンジしたナンバー。こういうサウンドって、どこか泥くさくって、スタックス系、Otis Reddingへの経緯が感じられる。だってこれ、オケだけ聴いてたらまんま”Shake”だもの。でも、それがよい。

4. Just Another Christmas Song 
 イントロから再びジングルベル。パーティも序盤を過ぎ、一旦小休止、歓談の時間。思い思いにオードブルをつまみながらシャンパンやワインに口をつけ、プレゼントの交換。タイトルとは裏腹に、親密なムードの漂うミドル・バラード。



5. Silent Night 
 再びスタンダード・ナンバー。こちらはちょっとブルース調でカバー。スローなリズムはチーク・タイムにピッタリ。遠くで微かに聴こえるベルがムードを盛り上げている。しかしこれでアナログ録音なのだから、恐ろしいテクニック。

6. Big Bulbs
 タイトルはクリスマス・ツリーの飾り付けに使うライトのこと。もともとはSaundra WilliamsとStarr Duncanから成る女性二人組Dapettesのナンバーで、彼女らもコーラスに参加している。こういった曲をきちんと探してこれること、そんなところにアメリカという国の奥の深さを感じさせる。

7. Please Come Home For Christmas
 もともとはブルース・シンガーCharles Brownが1961年にリリースしたナンバーのカバーだけど、Bon JoviやEaglesのカバー”ふたりのクリスマス”の方が有名。オリジナルに敬意を表したスロー・ブルースになっており、日本人好みのナンバーになっている。

0005784006_10
 
8. Funky Little Drummer Boy
 ひと昔前のキャバレーっぽいバックとコーラス。パラッパラッパーというフェイク、タメの効いたリズム、ほとんどコード移行もない、いわゆる大人のクリスマス。クリスマスも仕事で遅くなり、単身赴任などで家に帰れないお父さんたちが独り、盛り場で過ごす聖夜のひととき。そういった人たちにも、平等にクリスマスは訪れる。

9. Silver Bells 
 オリジナルはBing Crosbyによる1951年のコメディー映画『The Lemon Drop Kid』の挿入歌。Elvis Presley、Stevie Wonder、Barry Manilowなどカバーも多く、アメリカでは”クリスマス・イヴ”的ポジションの大有名曲。俺は知らなかったけど。
 アメリカのゴールデン・フィフティーズを象徴するような、ポジティヴ感満載の曲に理屈はいらない。ここではバックも手堅い演奏、妙なアドリブもほとんどなく、パーティのハウス・バンドに徹している。

10. World of Love 
 Dap-KingsのギタリストBinky Griptiteが2007年にリリースしたソロ・シングル。ここだけ彼がリードを取っており、普段はなかなかメインに出てこないながら、なかなか堂々とした正統派ソウル・バラード。ストリングスの使い方もスリリングかつ効果的。60年代末にリリースされたまま埋もれてた発掘レア・グルーヴ系ナンバーと言われても見分けがつかないくらいの仕上がり。褒め言葉だよ、言っとくけど。



11. God Rest Ye Merry Gents 
 パーティも終わり。蛍の光的クロージング・ナンバー。歌姫Sharonも袖に引っ込んでしまい、あとはバンドが閉店まで延々と、好き放題なアドリブをかましながらの自由なセッション。




Daptone Gold (Dig)
Daptone Gold (Dig)
posted with amazlet at 16.02.16
Various Artists
Daptone (2009-11-24)
売り上げランキング: 506,013
Daptone Gold II
Daptone Gold II
posted with amazlet at 16.02.16
Various Artists
Daptone (2015-09-18)
売り上げランキング: 29,287

世界のジャズ・ファンク・バンド巡り:番外編、アメリカのディープ・ファンクのご紹介 - Sharon Jones & The Dap-Kings 『Dap Dippin'』

folder で、前回のMighty Mocambosとキャラはかぶるのだけど、こちらもどストレートの人力ファンク、「60~70年代にサイケの狭間でひっそりリリースされたまま埋もれてしまったレア・グルーヴの裏名盤」と紹介されたらつい信じちゃいそうな人たち、Sharon Jones & The Dap-Kingsのご紹介。

 この手のジャンル、決して今の時代のメインストリートを歩くサウンドでもないし、実際大きなセールスは見込めないのだけど、細く長く続けてゆくのなら手堅い部分もある。これは日本の演歌と被る点が多いのだけど、いわゆる本来の意味のプログレッシヴを求められる音楽ではない。音楽シーンを揺るがす革新的なサウンドには目もくれず、ワンパターンでありながらひたすら自分たちの音楽フォーマットを崩さずに邁進する、ということが求められる。ボカロやオートチューンなんてもっての外だ。

 ディープ・ファンク/ジャズ・ファンクという、ポピュラー・シーンにおいては比較的ニッチだと思われるこれらのジャンル、CDやレコードなど物理メディア販売においては難しい面もあるけど、あくまで半径100km圏内という生活圏において、ライブハウス中心の活動なら、案外継続は難しいことではない。世界中、どの地域においてもそれなりの需要はあるジャンルなので、高望みさえしなければ、それなりのオファーはある。
 ただ、オファーが切れないのと収益性とでは、また別の問題である。「ファンク・バンドあるある」ばかりになってしまうけど、大抵は大所帯のバンドが多いため、わずかなギャラを均等割りすると、経費だけで足が出てしまう場合が多い。とてもバンド一本だけで食っていけるジャンルではないのだ。
 だからこそ、彼らは大抵の場合、喰っていける本業と掛け持ちか別バンドとの掛け持ちが、他ジャンルと比べてとても多い。大抵の売れないバンドはみなそうなのだけど、特にファンク・バンドはその傾向が強い。あくまで趣味性の強いバンド・コンセプトが多いため、どうしてもサウンドはマニアックになりがちである。だって、別に売れなくたっていいんだもん。
  
2252_50415263916_48909068916_1342221_785_n

 彼らの所属レーベルDaptone、NYを拠点とした小ぢんまりとしたレコード会社なのだけど、所属アーティストがほぼ年季の入ったジャズ・ファンク・ソウルのどれかの順列組合せみたいなアーティストばかり、昔ながらの伝統芸能的サウンドを供給し続けている。EDM?何それ?といった感じの人たちばかりである。
 多分経営的には楽ではないはずだけど、それでもレーベル・コンセプトが徹底していることから、その手のファンにとっての信頼は厚く、継続的なリリースを維持できるだけの収益は確保している。ニッチなマーケットではあるけれど、全世界を対象としているだけあって、細かな売り上げをかき集めると、案外バカにならないのだろう。

 で、Dap-Kings。
 「ファンク・バンドあるある」として、ライブ活動中心ゆえ音源リリースは少ないことが常なのだけど、彼らの場合、比較的恵まれているのか潜在的支持が高いのか、アルバム→ツアー→アルバムのループがスムーズに回っている。決して派手なサウンドでもないし、Daptoneというインディペンデントなレコード会社ゆえ、特別プロモーションが上手いわけでもない。どうひいき目に見たって、爆発的に売れる要素はない。
 彼らの名前を最も広く知らしめたのが、あのAmy Winehouseとのコラボ。セカンド・アルバム『Back To Black』では、ほぼ半数の曲でバックを務め、しかもその中には、あの大ヒット曲"Rehab" と"You Know I'm No Good"が含まれている。アルバムに伴うツアーにも同行し、おかげでバンドの財政状況は大きく好転した。まさにAmy様々である。

sj

 そういった経緯もあって、他のバンドと比べて運営は非常にスムーズである。バンドの継続において経済的な問題は欠かせないのだ。
 おかげでサウンドは過剰に売れ線を意識することもなく、ひたすらオールド・スタイルのレディー・ファンクを貫いている。変に大衆に媚びた感じもなく、またDaptoneというレーベルのブランド・イメージの保持にもなっているため、それがまたうるさ型のリスナーを呼び込むという、いい感じの循環構造が出来上がっている。

 一昨年、胆管がんの宣告を受け、結構シャレにならない体調不良に追い込まれたSharon。ニュー・アルバムのリリースはおろか、一時は命まで危ぶまれたが、どうやら持ち直してライブ・シーンに復帰した。何しろ御年58歳、ソウル・シンガーとしてはまだまだ現役だけど、お体は大事にね。


Dap Dippin
Dap Dippin
posted with amazlet at 16.02.16
Sharon Jones & The Dap-Kings
Daptone (2002-05-14)
売り上げランキング: 188,529




1. Introduction
 Dap-Kingsによるオープニング・インスト。臨場感あふれるソウル・レビューを模したアナウンスがまた、JBっぽさをいい感じでリスペクトしている。

2. Got A Thing On My Mind
 Daptoneレーベルにおいても記念すべき第一弾45回転シングルでもある、この曲が実質アルバムのオープニング。初っ端のドラム・ロールが迫力あって、レーベル・カラーを象徴している。ディープ・ファンクのコンピレーションではもはや定番曲となっており、このまま行けば普通にファンク・クラシックスとして歴史に残るだろう。そんな永遠の名曲。
 


3. What Have You Done For Me Lately?
 こちらもシングル・リリースされたナンバー。ミドル・テンポのドッシリ腰の据わったヴォーカルを聴かせる。一聴すると音がダンゴ状にひとかたまりになって分離が悪いのだけど、これこそがDaptone、モノラルで聴くことを前提にミックスしているので、どうしてもこういった音になる。すべての音が混然一体となった迫力のサウンドを堪能してほしい。

4. The Dap Dip
 ベースがファンキー過ぎる、こちらもミドル・テンポのドロドロ・ファンク。ここまで時代錯誤だと、ほんともうひと回りして新しくさえ感じてしまう。ていうか、時代を超越した音である。30年前もクラブではこういったサウンドに乗って腰を振っていただろうし、多分これから30年後も同じような状況は続くだろう。ほんとDNAにすでに刷り込まれてるんじゃないかとまで思えてしまう、神経に直接反応するファンク・ミュージック。

5. Give Me A Chance
 今度はギターの音がドロッドロ。なんだこれ。ほんとワン・アイディア、ワン・コードで延々続く、シンプルな構造のサウンドなのだけど、考えてみればファンクではこれが結構当たり前である。体に直接作用する音楽なのだから、余計な音はいらない。非常に合理的なサウンドである。しっかし時代読めねぇよな、これ。

sharonjones

6. Cut That Line
 日本人なら結構な割合で誰でも聴いたことのある、あの”Tighten Up”のオマージュによるオープニング。ていうか、こちらも最初から最後まで、ほぼこのフレーズが続き、そこにSharonがメロディを乗せる、というスタイル。間奏のオルガンがもファンキーそのもの。

7. Got To Be The Way It Is
 こちらもシングル・ナンバー。やっぱりワン・コード・ファンク。これもよくコンピレーションやミックス・テープに収録されているので、雑食系の人なら聴いたことがあるかもしれない。
 


8. Make It Good To Me
 しっとりとした南部系のソウル・バラード。こういった曲調をソウル・シンガーが歌うと、ほとんどすべてがAretha Franklinのフォロワーっぽくなってしまい、非常に分が悪いのだけど、一歩も彼女に引けを取らないSharonがここにいる。

9. Ain't It Hard
 ソリッドなファンク・ナンバー。少しトーンを落としてるところがMarva Whitneyっぽく聴こえる。オーソドックスながら変則的なリズムに、正統ファンク・バンドとしてのこだわりが感じられる。

10. Pick It Up, Lay It In The Cut
 こちらもシングル・カット。アフロ/ラテン・ビートの入ったリズムに乗って、ベースもドラムもギターも、そしてブラスさえも混然一体となったファンク・サウンドの大洪水。しかし主役はやはりSharon、このサウンドに負けないパワーが、バンド全体を圧倒させている。
 


11. Casella Walk
 ラストはDap-Kingsによるインスト・ファンク。ゴリゴリのファンク・ギターなのに、不思議なくらいブルース色を感じさせないのは、ジャズ・テイストも入ったバンドの特色なのだろうけど、そこがアメリカだけに留まらないファン層の拡大に寄与しているのだろう。




 全11曲でトータル・タイム38分。ほんと前時代的にコンパクトにまとめられたアルバム。インプロビゼーションを主体としたバンドならもっと長尺になるのだろうけど、基本はソウル・レビューを前提としたヴォーカル・メインなので、このくらいのサイズが適しているのだろう。


Daptone Gold (Dig)
Daptone Gold (Dig)
posted with amazlet at 16.02.16
Various Artists
Daptone (2009-11-24)
売り上げランキング: 505,879
Daptone Gold II
Daptone Gold II
posted with amazlet at 16.02.16
Various Artists
Daptone (2015-09-18)
売り上げランキング: 29,287

カテゴリ
北海道の中途半端な田舎に住む、そろそろアラフィフ男。ほぼ週1のペースで音楽ブログ更新中。節操ない聴き方と思われてるけど、自分の中では一貫してるつもり。 最近は蔵書の整理がてら、古い本を再読中。ジョン・アーヴィングから始まって、フィッツジェラルドやゾラ、モームなど、いわゆる古典の復習中。いつになったら終わることやら。新刊読めねぇや。
QRコード
QRコード
最新コメント

音楽 ブログランキングへ


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村




アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: