好きなアルバムを自分勝手にダラダラ語る、そんなユルいコンセプトのブログです。

Roddy Frame

ここではない、どこかへ。- Roddy Frame 『The North Star』

ed04b0c90ce84faafc18ed116f663af0.1000x1000x1 先日、Prince 『Come』 のレビューで、長年親しんだ本名Princeの名義を捨てて、いまだどう発音していいかわからないシンボル・マーク(一応、公式では「the Artist Formerly Known As Prince」、かつてプリンスと呼ばれた男(笑))に改名して、新たなスタートを切った話を書いた。
 それで思い出したのだけど、そういえばRoddy も殿下同様、ほぼ同時期にAztec Camera の名前を捨てて、ソロ歌手Roddy Frameとして再スタートしたのだった。こっちはそこまで話題にならなかったから、覚えている人はあんまり少ないかもしれない。
 Aztec最終作となった『Frestonia』は、有終の美を飾るような、清涼かつ静謐なサウンドでまとめられていた。ネオアコから始まって、R&Bだギター・ポップだ教授とコラボだ、と流浪の音楽性を見せてきたRoddy 。その最期は、これまでの歩みをすべてリセットするかのように、シンプルなものだった。

 Roddy からすれば、もうAztec Cameraという名義が、煩わしくて仕方なかったんじゃないかと思われる。どれだけ色んなジャンルに手をつけて新境地を開拓しても、結局は「Oblivious最高」って言われちゃうわけだし。これと同じ流れで、Paul WellerもJam解散させちゃったよな。
 数年前、『High Land, Hard Rain』リリース30周年ライブが催され、ささやかではあるけれど、概ね好意的に評された。Roddy 自身にとって、初期の作品は若気の至りでしかないのかもしれないけど、往年のファンの多くが、その時代にシンパシーを感じていることは事実である。
 決して新しくはない。けれど、その音はピンポイントで、特定の世代の心の琴線を震わせる。今の音楽のトレンドを追うことから降りてしまった、アラフィフ世代のそれに。
 彼ら(俺含む)が悪いわけではない。いい悪いで分けるのは、ちょっと乱暴だ。
 ただ、Roddyもまた、そんな最前線から降りる道を選んでしまった。メジャーから身を引くというのは、ある意味、そういうことだ。

maxresdefault

 Beautiful South 同様、初期のネオアコ路線のイメージがずっとついて回っているAztec Camera 、特に日本だと、その枕詞で紹介されることが多い。ていうかそれだけだよな。再発される時は、ほぼ必ずネオアコ絡みだし、実際リリースされるのも、初期2枚ばかりだし。
 どちらもアメリカではさっぱりの売り上げだったため、派手に紹介しようにも話題がないこの2組。実際のところ、ネオアコ期の作品は、それほど大きなセールスを上げていたわけではない。Beautiful South最大のヒットは、シニカル・ポップ路線がピークに達した『Blue is the Color』だし、Aztec Cameraも商業的に成功したのは、3枚目の『Love』である。
 UK最高3位をマークした、最大のヒット・シングル「Somewhere in My Heart」を収録したこのアルバムでRoddy 、それまで確立したネオアコ色を一掃する行動に出た。トップ40仕様の、ブラコン・テイストのダンサブルなアレンジは、インディーでは獲得し得なかった幅広いファン層をつかむことに成功した。
 もともと80年代アーティストの中では端正な顔立ちをしていたRoddy 、当時はしょっちゅうメディアにも露出しており、中性的なイメージのピンナップやフォト・セッションを多く残している。今でもRoddy のイメージといえば、この時代の印象が強い。ちょっとナーバスで、母性本能をくすぐる面影のインディー期を経て、メジャーに移った途端、リア充デビューした、そんな印象。

15681

 この路線でもうちょっと進めていけば、AOR寄りのポップ・スターとして、Phil Collinsの後釜ポジションに収まっていたかもしれないのに、コンテンポラリー路線はこれっきりとなってしまう。リア充デビューして、パリピ的ライフを満喫してはみたけれど、やっぱどこか場違い感が拭えなかったのかね。
 その後は、あらゆるジャンルを右往左往する、終わりの見えない自分探しの旅。「安住を拒む音楽的冒険」といえば聞こえはいいけど、要は何をやっても「ここじゃない感」が顔を出して思い悩んじゃうんだろうな。
 「僕が探し求めていたのは、正しくコレなんだ」と確信を得ても、その数秒後には、収まりの悪さを感じている「もう1人の自分」がいる。「やっぱオレはギター・ロックだぜっ」と思い立って、元ClashのMick Jones を誘って「Good Morning Britain」を歌いながらも、次の瞬間には、スペインに魅了されてスパニッシュ・ギターを奏でてしまう、もう何が何だか予測不能の音楽性。
 並みのミュージシャンなら、そんな思いつきや付け焼き刃では、すぐボロが出て散々な仕上がりになってしまうけど、Roddy の場合、器用なぶんだけ、どれもそれなりに形になってしまう。
 ひとつのジャンルに深くこだわらないため、場合によっては物足りなく感じる場合もあるにはあるけど、誰もポップ・ソングに、そこまで深くは求めない。そういったフットワークの軽さを、ファンもまた楽しんでいたわけだし。

frame

 そんな自分探し的な音楽活動ゆえ、オーソドックスなバンド・スタイルというのは、足かせとなってしまう。メジャー・デビューして間もなく、Aztec Cameraは固定メンバーが続々フェードアウトしてゆき、気づいた頃にはRoddy を中心としたユニット・スタイルへと移行していた。
 アルバムごと・シングルごとに曲調を変えるたび、それに応じたメンバーを集める手法は、特別なものではない。パーマネントなバンドを持たないソロ・アーティストなら、よくあるスタイルではある。
 とはいえ、定期的にメンバーを一新してしまうと、音作りの前にまず意思疎通、コミュニケーションが必要になってくる。ある程度、顔見知りならまだ難しくはないけど、音楽的な相性となると、こればっかりはやってみないとわからない。
 話も合う飲み友達だからといって、バンド運営がうまく行くかと言ったら、それはまた別問題である。そこまで単純な話ではないのだ。
 運命共同体的な意識で永続的な活動を行なうのがバンドであるならば、ソロ・プロジェクトというのはもっとドライで刹那的、作り上げたら終わりである。次のプロジェクトも同じメンツになるとは限らないのだ。
 多様な音楽性を表現することに絞って言えば、それは有効な手段ではあるけれど。

get-attachmentjpeg

 もはや名前だけのバンドAztec Camera を終了させ、ソロ・デビュー作となった『North Star』。名前も変えたし心機一転、と行きたいところだけど、サウンド・コンセプトは、ほぼ『Freatonia』を踏襲したものになっている。レコーディングに参加したメンバーもほぼ引き継がれているので、似ているのは当たり前か。
 Roddy にとって、Aztec Cameraというブランドが、もはやその程度のものでしかなかった、という証でもある。名義変更もワーナーとの契約に伴うだけのものであって、特別感傷的になる事象ではない。それよりは次回作、『Frestonia』構想時からすでにずっと先を見ていた、ということであって。
 -これで完璧、というわけではない。バンド・サウンドというには、Roddyのパーソナリティが強く、アンサンブルも面白いものではない。
 ただ、Aztec の看板を背負ったままでは、またワーナーの庇護を受けてでは、そして独りよがりの才能だけでは、表現しきれない、そんな世界を見てしまったのだ。
 迷いがないわけではない。
 「本当にこの音でいいのか?」。
 スタジオで苦闘しながら、Roddyはそう思っていたのかもしれない。
 でも、そんな迷いを小手先で器用にまとめてしまうのではなく、バンドの力を借りながら、前へ進もうとする気概があらわれている。
 オープニングから「Back to the One」だもの。再スタートには、ふさわしいタイトルだ。


The North Star
The North Star
posted with amazlet at 18.10.07
Roddy Frame
Sbme Import (1999-04-20)
売り上げランキング: 376,817



1. Back To The One
 ギター・プレイが多彩で、これまでと違う気概を感じさせる。弦のスクラッチ音なんて、これまで聴こえなかったもの。しっかりしたリズム・アレンジから言って、従来のプロデューサー主体、Roddyの主観のみで作られたのではなく、バンドときちんとコンタクトを取って練り上げたものなのだろう。
 今ごろになってバンド・マジックに魅せられたのか、ヴォーカルもちょっと荒々しくてラフな感じ。繊細さよりカタルシスを選んだ、そんな印象。



2. The North Star
 曲調だけで見ると、後期Aztecのメロディ・ラインだけど、バンド・セットでのレコーディングだけあって、疾走感がプラスされている。曖昧な音色のアンビエント調シンセでごまかすのではなく、ここではギターを弾きまくっている。アコギも上手いけど、やっぱエレキだよな、この人。
 とは言ってもノリ一発・勢いだけでおしきるのではなく、中盤のセンチメンタルなヴァ―スでキュンとさせるのは、さすが。サラッとこういう構成にしちゃうから、なかなかあなどれない。

3. Here Comes The Ocean
 80年代初期を思わせる、ちょっと古めのエフェクトをかけたギターのアルペジオをベーシックに、メランコリックなメロディを聴かせるナンバー。これこそ教授に磨きをかけてもらった方が良さげな気がするけど、バンドでチャレンジするのも、なかなか一興。ネオアコ風味がノスタルジーを誘う。

4. River Of Brightness
 壮大なスケール感を想起させる、ダイナミックなアレンジのミドル・バラード。Roddy自らつま弾くマンドリンの音色が、トラディショナルっぽい。かつてなら、もっと重厚に、長尺のバラードに展開しそうなところを、すっきり4分台にまとめている。

RODDY_FRAME_REASON+FOR+LIVING-509061

5. Strings
 シリアスなバラード。教会を思わせる荘厳としたハモンドが鳴り続ける。こういうのも1曲くらいはあっていいけど、陰鬱としたムードは、あんまり好みじゃない。あくまで俺目線だけど。

6. Bigger Brighter Better
 なので、こういったサラッと大人びたアコースティック・ナンバーが出てくるとホッとする。実際、ファンの間でも人気が高く、ライブでも定番となっている。弾き語りでも十分間が持つ曲なので、使い勝手もいいんだろうな。テーマも前向きだし。



7. Autumn Flower
 でも、ちょっと油断すると、こういったしっとりしたナンバーが出てくる。ピアノメインじゃなければ、もうちょっと軽く聴けるんだけどな。

8. Reason For Living
 シングルにもなった、こちらもセットリストには高確率で入るロッカバラード。あんまり端正にまとめるより、ちょっととっ散らかったくらいの方が、この人の場合は入り込みやすい。多分、自分でプレイしてても、こういったテンション高めの楽曲の方がハマることはわかってるはずなんだけど、なんかこじれちゃうんだよな。そんなにポップ・スター時代にトラウマがあったのか。

9. Sister Shadow
 ネオアコというよりは、オーソドックスなスタイルのフォーク・ロックといった印象。別段、新しいことをやっているわけではない。好きにギターを弾きまくって、朗々と歌っているだけだ。でも、それがいい。俺たちが求めているRoddyの姿とは、まさしくこれなのに。

10. Hymn To Grace
 アルバム最後は、しっとりしたエピローグ的な弾き語りバラード。いま思えば、これが次作『Surf』の予告編だったのか。歌声とギター・プレイ。たったそれだけなのに、心に染み入ってくる。でもね、全篇これで通しちゃった『Surf』。あれは極端だよ。1~2曲だから、いいんであって。



Live at Ronnie Scott's
Live at Ronnie Scott's
posted with amazlet at 18.10.07
Shore Songs (2012-04-08)
売り上げランキング: 145,997

The Best of Aztec Cameira
The Best of Aztec Cameira
posted with amazlet at 18.10.07
Aztec Camera
Warner Spec. Mkt. UK (1999-07-22)
売り上げランキング: 232,946


ロディ・フレーム殿、至急連絡乞う。 - Roddy Frame 『Seven Dials』

folder Aztec Camera 『Dreamland』からの続き。ほんとはこっちを先に書いていたのだけど、だんだん方向性がずれた上、ズルズル長くなってしまったので、えぇいっ!と半分にぶった切った。
 前回レビューとの関連性は薄いので、続きも何もない。まぁいつも通り、通常運転で。

 前作『Western Skies』から8年ぶり、Roddy Frameは2014年に待望のソロ・アルバム『Seven Dials』をリリースした。その間にも、単発的なライブや盟友Edwyn Collinsとのコラボで名前が出たりしていたけど、ついぞ本格的なソロ活動に入る様子は見られなかった。
 一時は音楽業界への不信感が募って、音楽活動そのものに距離を置いていた期間もあったらしい。Aztec Cameraとしては、最後のアルバムになった『Frestonia』を最後にワーナーと契約終了、ソロに転じてからはインディーに活動の場を移したRoddy。前回レビューの『Dreamland』が予想していたほどは売れなかったこと、また、それに伴うはずのプロモーション体制が貧弱だったことから、メジャーへの不信感というしこりが残ったのだろう。
 これまでの実績から鑑みて、優雅な印税生活ができるほどのポジションではないため、どうやって食ってんだろう、と余計な心配までしてしまう。副業があるのか奥さんが稼いでいるのか、はたまた金持ちのボンボンなのか、などなど。
 そこまで悠々自適でなかったことは、急速に老け込んだ風貌から察せられる。かつてはゆで卵の殻をツルンと剥いたような、苦労知らずのルックスだったというのに。ここに来て、やっと外見が年齢に追いついたといった感じ。

1979244_10152877576243312_4581277301411464051_o

 Edwyn Collins人脈のプロデューサーSebastian Lewsleyを迎え、ほぼ2人だけで作ったと思われるサウンド・プロダクションは、お世辞にも華やかなものではなく、どうひいき目に見たって、バカ売れする要素は見当たらない。
 実際、セールスも地味だったのだけど、まぁ生きてくれてるだけで十分、まだ歌ってくれてる分だけいいじゃないの、という事で、おおむね往年のファンからは歓迎された。
 『Surf』、『Western Skies』と、今世紀に入ってからの作品がどれもシンプルっていうか、簡素なアコースティック・スタイルが主体だったため、今回もまた地味〜なアルバムなんだろうな、と誰もが思っていたところ、案外、ちゃんとしたバンド・スタイルだったことも、好評の要因だった。あら、まだやれるじゃないの。
 さすがのRoddyも50を過ぎているため、高らかに伸びのあった往年のアルト・ヴォイスは失われているけど、老いを自覚した上での、無理のないキー設定やシンプルなリズム・アレンジは、今の身の丈にちょうど合っていると思う。

 ただ、今のRoddy、ツアーだテレビ主演だレコーディングだ、話題に何かと事欠かなかった80年代のプチ全盛期に比べ、今世紀に入ってからは、サウンドも活動ペースもすっかり地味になっちゃったことは否定できない。地元を中心に地道なソロ・ツアーでもやっててくれてるんならまだしも、まったく音沙汰すらない始末。
 たまに音信不通になっちゃうアーティストとして、俺的に思い浮かぶのが、Roddyとほぼ同世代のPaddy McAloon。奴も同じ臭いがする。ただPaddyと違ってRoddy、アルバム・リリース後にはきちんと人前に出て、ライブをやってる分だけ、まだマシである。
 おいPaddy 、YouTube に新曲「America」アップしてからしばらく経つけど、あれから何も音沙汰ねぇじゃねぇか何やってんだ。まぁ待っちゃうんだけどさ。
 で、そんなPaddyとは絡むこともなく、Roddy はアルバム・リリース後、2014年から2年越しで、イギリス国内とEUを中心に、小さな会場を回った。以前よりちょっとくたびれた風貌にはなっちゃったけど、まぁ取りあえず生きている。アルバムもパフォーマンスも、ささやかではあったけれど好評を得た。

81319df9c4c0aa5a1db1f3f2c11af95d--aztec-camera

 -で、あれから2年。
 また音沙汰がなくなってしまったRoddyであった。Paddy とやってること変わんねぇの。
 日本では、すっかりマイナーな存在になので、待っていても情報は入ってこない。なので、Twitterとフェイスブックのアカウントが残っていたので、久し振りに覗いてみた。
 ツアーが終わったら、すっかりやる気なくなっちゃったのか、2年前を最後にツイートは止まっていた。ただ、しょっちゅうスマホは使っているのか、今年の8月、名古屋のインターFMの番組セットリストにAztec Cameraがリストアップされていたらしく、その記事に「イイね」をつけている。
 そんな極東のローカルFMまでチェックしているのかよ。やっぱヒマなんだろうな。

 ちなみに、フェイスブックには関心が薄いらしく、アカウントはあるけど、記事なんてひとっつもない。プロフィール・フォトなんて、『Western Skies』のジャケ写をそのまま使ってるくらいだから、もう10年くらい放置したまんまである。もうちょっとやる気出してもいいんじゃないかと、余計な心配までしてしまう。
 先日レビューしたBetty Wright や、あのKeith Richardsでさえ、いまは独自のアカウントを持っており、「あそこへ行った」「あいつに会った」など、他愛のない日常をつぶやいたりしている。生み出す音楽と直接関係はないけど、「あぁ、こんなことやってるんだなぁ」という近況が伝わってくるのは、俺的には素直にうれしい。
 ネット普及以前と比べて、ファンとの距離感が格段に近くなったおかげで、「謎の存在感」や「カリスマ性」を演出しづらくなった弊害は、確かにある。ここまで情報があふれまくる現代社会になっちゃうと、昔のような情報統制は不可能に近い。
 カリスマティックなスターは生まれづらくなったけど、まぁRoddy には関係のない話である。もともとカリスマ性とは縁遠いキャラだしね。

a777113b15284767d5bb74010e18de3f

 そんな活動状況ではあるけれど、良く言えば、周囲に振り回されない、マイペースな仕事ぶりである。『Dreamland』のレビューでも書いたけど、何も無理に定期的なリリース・ペースを守らなくてもいいのだ。良い曲を少しずつ、良質の珈琲を落とすように、曲ができるのをじっくり待てばよい。無理やり絞り出したって、いいモノはできないし、それはRoddy本人が一番よくわかっているはずだ。
 アルバムごとに違うサウンドを指向していたバンド時代を経て、今のRoddyに迷いはない。もう、包装やデコレーションで飾り立てる時期は過ぎてしまったのだ。
 変化すること、留まらないことが、Aztec Cameraのアイデンティティのひとつだった時代は、確かにあった。ブラコン風だギター・ポップだAORだ、様々なスタイルを試しては捨てて来たけれど、結局、最後まで変わらなかったのは、アコギを中心に静かに奏でられるシンプルな歌だった。
 どれだけ意匠を変えたとしても、その根幹は失われず、最初からそのまんまだったのだ。

 『Seven Dials』には、初期のネオアコ期を連想させるタイトルの楽曲も収録されている。こういったセンチメンタルに流されがちな曲も、ここでは程よい情感で歌っている。
 50を過ぎて、そろそろ人生的には最終コーナー、ちょっと振り返るにはいい頃合いだ。決して数は多くないけれど、長く応援してくれる熱心なファンを生み出したキャリアは、恥ずかしいものではない。だから、ちょっと歩みを止めたって、誰も何も言えるはずがない。
 4年前、デビュー作『High Land, Hard Rain』リリースから30周年を迎え、Roddy はファンのために、3回の全曲再現ライブを行なった。アニバーサリー的なイベントとは縁がない人だと思っていたけど、それだけ待っててくれる人がいた。そういうことだ。

 だからRoddy、あともう一回くらい、日本に来てくれないかな?
 みんな、優しく迎えてくれるよ、きっと。



Seven Dials
Seven Dials
posted with amazlet at 17.12.04
Roddy Frame
Aed (2014-05-06)
売り上げランキング: 136,680





1. White Pony
 大人しいオープング。またアコギだけかよ、と思ってたら、すぐバンド・セットが入ってきて、印象が変わった。直球勝負のメロディックなバラードに、控えめながら力強いバッキングとの相性は抜群。現在のRoddyの作風にフィットした、程よく抑制されたサウンド・プロダクション。

2. Postcard
 タイトル通り、イントロから往年のネオアコっぽいアレンジに、ファンは狂喜したのだった。キャリアのスタートとなったシングル「Just Like Gold」をリリースしたポストカード・レーベルのことを直接歌っているわけではないけど、当時のキラキラした躍動感が伝わってくる。懐メロとしてではなく、今の等身大の言葉と声で、Roddyは歌う。そう、まだ老いるには若すぎるのだ、体も心も。



3. Into The Sun
 『Stray』期を彷彿とさせる、大人のギター・ポップ・チューン。しかし、声が衰えてないよな。ギターだって、ちゃんとラウドなプレイだってできるはずなのに、自分の楽曲に合わないとなれば、きちんと抑えたプレイでまとめちゃうし。あくまで歌とメロディが優先なのだ。そこに至るまで、ここまでかかっちゃったけど。

4. Rear View Mirror
 ちょっとジャジーなギターから始まるシックなバラード。いろんなサウンドに手をつけてきただけあって、レパートリーの幅が広いのも、この人の強みである。二流のシンガー・ソングライターなら、こういった抑揚の少ないバラードだったら退屈で最後まで聴き通せないのだけど、飽きさせないところは熟練の技なのか。リズム・セクションによる中盤の静かなインタープレイに、ちょっとオッとなってしまう。

5. In Orbit
 Elton Johnみたいなオープニングから、徐々に熱を帯びてくる、壮大なスケール感を持つポップ・バラード。Aztec時代なら、もっとコッテリしたアレンジにしていたんだろうけど、シンプルなバンドセットが逆に、Roddyのヴォーカルの存在感を引き立たせている。
やっぱりこの人は、メロディと声で成立しちゃうんだよな。重厚なサウンドだと、それらが全部埋もれちゃう。

maxresdefault (1)

6. Forty Days Of Rain
 ここでいきなりハーモニカが来るとは思わなかった。軽快なネオアコ・サウンドをバックに、ちょっとスカしたクール・ガイといった体で歌うRoddy。いや全然衰えてないわ、この人。人生折り返しちゃったんで、急に覚醒しちゃったのかな。このスタイルなら年齢的にも無理がないんだから、もっと外に出て、世に広めちゃえばいいのに。まぁ、静かな生活を望んでいるのかな。

7. English Garden
 ちょっとクール・ダウンするバラード。最初に聴いた印象が、「あれ、歌うまくなってね?」。もともとヴォーカルに関しては一定の評価はあったけど、ここに来て熟成された深みを増してきている。ソロになってからのRoddyは、ダウナーな楽曲が多く、そんな心境が声の質感にも反映されていた。そして、『Seven Dials』で聴かれるヴォーカルは、どの曲調においても前向きな姿勢が顕著となっている。これは、以前のソロ・セット主体のアンサンブルから、バンド・セットに移行した影響が大きいんじゃないかと思われる。
 
8. On The Waves
 無理を感じさせない若さ、ネオアコの枠ではなく、新たなRoddy オリジナルを作るんだ、という気概を感じさせるパワー・ポップ。80年代サウンドをこよなく愛する者なら、ほとんどの人が気にいるはず。重苦しくなく、程よく軽くて口ずさみやすく、丁寧に作られたメロディ・ライン。そんな曲。



9. The Other Side
 アコギを主体とした、前向きな視線のポップ・バラード。久々にロック・スタイルのギター・ソロが聴けるのがポイント。楽曲の芯の強さが、繊細なサスティンよりも、荒ぶるラウドな音を求めた、ということなのだろう。
 こういった楽曲を再び書けるようになるまで、大きく回り道をした。
 でも、まだ遅くはない。

10. From A Train
 ラストは繊細に、流麗なアルペジオを使った弾き語り。『Surf』はこんな曲調ばっかりだったため、さすがに食傷気味だったけど、最後のシメとしてはちょうどいい塩梅。
 どの曲も共通して、3分台でまとめているので、しつこいイントロ・アウトロは極力排除されている。混じり気のない、Roddyの「今」が過不足なく真空パックされている。






ザ・ベスト・オブ・アズテック・カメラ <ウルトラ・ベスト 1200>
アズテック・カメラ
ワーナーミュージック・ジャパン (2013-12-04)
売り上げランキング: 311,174

Original Album Series: Aztec Camera
AZTEC CAMERA(アズテック・カメラ)
Warner Music (2010-02-27)
売り上げランキング: 99,701

カテゴリ
北海道の中途半端な田舎に住む、そろそろアラフィフ男。ほぼ週1のペースで音楽ブログ更新中。節操ない聴き方と思われてるけど、自分の中では一貫してるつもり。 最近は蔵書の整理がてら、古い本を再読中。ジョン・アーヴィングから始まって、フィッツジェラルドやゾラ、モームなど、いわゆる古典の復習中。いつになったら終わることやら。新刊読めねぇや。
QRコード
QRコード
最新コメント

音楽 ブログランキングへ


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村




アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: