Mighty Mocambos

好きなアルバムを自分勝手にダラダラ語る、そういったゆるいコンセプトのブログです。

やっとアルバム2枚目のMocambo達 - Mighty Mocambos 『Showdawn』

folder 今年に入ってからリリースされた、Mocamboレーベル主宰のバンドMighty Mocambos、単独名義では2枚目のアルバム。これまでは地元EUを拠点としたライブやらサポートやら、日本からは動向が掴みづらい活動が多かったのけど、昨年あたりからLee FieldsやAfrica Bambaataaらレジェンドとのコラボ・シングルが続々リリースされた。それがアルバム1枚分くらい溜まったので、今回こういった形でまとめられた次第。
 特にBambaataaとの共演が話題になったけど、その関心はむしろ「まだ生きてたの?」という反応が多かったのが正直なところ。wikiで調べてみると、決して引退してたわけではなく、断続的ながらもコンスタントな活動ペースなのだけど、ヒップホップ系には今でもそんなに興味がない俺の認識不足。日本ではあまり情報が入って来ないのと、どうしてもヒップホップ創世期に活躍してたイメージが強いので、それ以降の活動状況が見えづらいのだ。
 とはいえ業界内においては最古参の部類に入るレジェンド扱い、サイクルの早いこのジャンルにおいては別格扱いなのだけど、まだまだ日和ったりせず現役感が漂っているのは、やはりフロンティアならではの証。

520c4400

 で、Mighty Mocambos、主要メンバーは
 Sascha Weise(ds)
 Victor Kohn(b)
 Sebastian Nagel(g)
 Bjorn Wagner(g)
 Bernhard Hummer(bs、as)
 Sebastian Drescher(tp、flh)
 Philip Puschel(tp、flh)
 Ben Greenslade-Stanton(tb)
 Pascal Dreckmann(per)
 Hank Dettweiler(key)
 という10名による布陣。 この手のバンドによくあるように、メイン以外のバンドを掛け持ちでやってる者も多く、特にギターのSebastian とチューバのBen は複数のバンドにもよく顔を出しているようだけど、それを全部追ってゆくのはとても不可能。その他にもMocambo レーベル所属アーティストのレコーディングにもたびたび参加しているおり、その辺はさすが生真面目なドイツ民族、精力的な活動ぶりである。
 そりゃ自分たちのレコーディングも落ち着いてできないわけで。

15brasscooled_article

 ドイツのアーティストで俺が連想するのがKraftwerkとTangerine Dreamくらい。いずれも60年代から活躍しているクラウト・ロックの流れのアーティストである。Bonny Mもドイツだったのは今回初めて知った。まぁ聴いたことないけど。あと80年代でみると”ロックバルーンは99”でビルボードで唯一ドイツ語でチャート・トップに立ったNENAがいる。
 そんなわけで、ほんと近年のドイツのポピュラー音楽についてはさっぱりわからないというのは、多分俺だけじゃないはず。大抵の洋楽ファンも、ほとんど似たような知識しかないんじゃないかと思う。
 あとはせいぜいScorpions。これも70年代だ。

 なので、いま現在のドイツのヒット・チャートがどうなってるのか、主にYoutubeを回って調べてみた。ほんとつい最近のチャートなので、Adeleが1位というのは鉄板として、続く国内アーティストはどれもダンス系ばかり。EDMやオートチューンが中心のビート・メインのサウンドが人気を博しているのは、何もドイツが特別なわけじゃなく、今世紀に入ってからの世界的な流れの主流。で、海外組といえば、他国と変わらずEnya やColdplay が上位に入っており、ざっくり見ると国内/海外が半々といった印象。こうした割合というのも世界的にほぼ変わらず、海外の新しい音楽が輸入されることによって国内アーティストのモチベーションも高まり、相乗効果によって活性化が計られる。
 そう考えると、すっかりガラパゴス化してしまった日本の異常さが際立っている。別に過度な情報統制がされてるわけでもないのに、欲しい音楽は自ら能動的に動かないと見つけることができない。

15themightymocambos_une

 そういった音楽市場のため、どう好意的に見ても彼らのような音楽がバカ売れする状況ではないのだけれど、ドイツを含むEU 圏というのは人の行き来がしやすい分、日本と比べてニッチなニーズのバンドが活動しやすい利点がある。さすがにアメリカのマーケットには及ばないけど、何しろ国の数が多いので、各国単体の市場を集めると、どうにか食って行けるくらいの稼ぎにはなる。
 特にライブ・シーンにおいて彼らのような生演奏主体のバンドは、ビジュアル的には地味だけど、大所帯でのグルーヴィーなセッションは観客のウケも良くフェス映えするので、常に一定の需要がある。各国の大小フェスを順繰りに回って、さらにそれに合わせて会場周辺のクラブを回っていると、それだけで夏のツアーは成立してしまう。
 なので、彼らの夏はあっという間に過ぎてゆく。

 そんな風に忙しいにもかかわらず、可能な限りあちこちに顔を出す世話焼きの彼ら、おかげで自分たちの活動にまでなかなか手が回らず、リーダー・アルバムとしてはこれがやっと2枚目。レーベル運営だって決して順風満帆ではないはずで、細々した事で忙しいのだろう。
 多忙のおかげでなかなかバンド活動に専念できないんだろうなと思っていたのだけど、なんと彼ら、バンド本体とは別名義でBacao Rhythm & Steel Bandというカリビアン風味のファンク・バンドも並行して行なっている。半分シャレでやっているようなものだけど、こちらはこちらでマジメにやってるらしく、コンスタントにシングルもリリースしている。本業だって手が足らないはずなのに、何やってんだと言いたくもなるけど、こういったのは好きでやってることなので、あまり真面目に怒っちゃいけない。ジャズ・ファンク・バンドがいろいろ仕事を掛け持ちしてるのは、至極普通のことである。

c050b688
 
 残業や休日出勤とはまったく無縁であるはずのゲルマン民族がこれだけ精力的なのは、仕事だと思っていないからなのだろう。どれほど少ない観客の前でも全力で演奏したり、連日レコーディングだセッションだと駆けずり回っていられるのは、好きでやってることだからであって、ビジネスは的には二の次と考えているフシがある。
 もちろんレーベルだって慈善事業じゃないから、採算合わせに事務方がいろいろ頭を巡らせているのだろうけど、まぁスケベ心が前面に出過ぎない程度にがんばってほしい。

 なので彼等、日本に行く暇などない。EU圏内での活動で手いっぱいである。


ショウダウン
ショウダウン
posted with amazlet at 16.02.16
ザ・マイティ・モカンボス
Pヴァイン・レコード (2015-03-18)
売り上げランキング: 308,099




01. Road To Earth (With Peter Thomas)
 良くありがちな名前のPeter Thomas、調べてみるとドイツ映画音楽界では伝説級のアレンジャー/コンポーザーで今年でなんと御年90歳。そんな大御所がチンピラ・ファンク・バンドとのコラボを快諾するとは、なかなか懐の深いお方。日本で言えば服部克久がゲスの極み乙女とコラボするようなもので、そのあり得なさがわかっていただけると思う。
 妖しい60年代のSFかスパイ映画のようなオーケストレーションをバックに、いつも通り通常営業のMocambo達。このミスマッチ感を狙ってくるとは、なかなかの余裕。

02. It's The Music (With Afrika Bambaataa, Charlie Funk, Hektek & Deejay Snoop)
 このアルバム最大の話題作がこれ。Bambaataa率いるZulu Nation一派が参加して、見事にMocambo達を自在に操っている。こういう人力ヒップホップって、近年のビッグビート一色になっちゃったラップ界よりも俺は馴染みやすくて好きなのだけど、あまりやってくれる人たちがいないのが現状。



03. In The Dark (With Nichola Richards)
 イギリスの新人シンガーらしいけど、詳しい情報があまりない。Vicki Andersonあたりが歌ってそうなシスター・ファンクなナンバーだけど、そこまでダイナマイト・ヴォーカルといった感じではなく、このアクの少なさが逆にバンドとの親和性を高めている。でも、ソロだとちょっと個性が薄いのかな。俺的にはそのサッパリ感も好きなのだけど。

04. The Spell Of Ra-Orkon
 今回はインストとヴォーカル・トラックを交互に挟んだ曲構成になっており、こちらはインスト・ファンク。アーシーなギターの響きとハモンドとの絡みが絶妙。ホーン・セクションにもきちんと見せ場を作っているのだけど、これをたった3分に凝縮している見事さ。これがライブだと、延々続けるんだろうな。

05. Political Power (With Afrika Bambaataa, Charlie Funk & Donald D)
 再びBambaataa一派登場。タイトルからもわかるように、結構メッセージ性の強いナンバーで、これはMocamboとZulu Nationとのガチのぶつかり合い。どちらも引かず音でのバトル振りは手に汗握ってしまう迫力。ちょっと大げさだけど、そのくらいスリリング。かつ勝手に腰が動いてしまうダンス・チューン。

maxresdefault

06. Drifting Stars
 激しい攻防の後はひと休み、スロー・ファンクでペース・ダウン。レコードではここでA面終了。

07. Not Get Caught (With DeRobert)
 アメリカはテネシー州を拠点として活動するディープ・ソウル・シンガーをフィーチャー。洗練さとは無縁なファンキー・ヴォーカルはMocamboとは高いシンクロ率。このまま40年前のStaxのレコーディング・スタジオに連れていったら、とんでもない傑作が仕上がったんじゃないかと思う。このアルバムの中では、Mocambo的に一番相性がいいんじゃないかと思う。



08. Locked & Loaded
 
09. Catfight
 インスト・ファンクが2曲続く。特にこの09ではあのマルチ・プレイヤーShawn Leeが参加しており、摩訶不思議なエフェクトが飛び交う泥臭いスペース・ファンクを披露。これまでとちょっと毛色の違うアーティストとのコラボは、バンドとしての度量の深さを感じさせる。

10. Hot Stuff (With Afrika Bambaataa, Charlie Funk & Deejay Snoop)
 3たび登場のBambaataa一派。今回はこのコラボにて、あのStonesをカバー。ヴォコーダーの使用によって妖しさ満載のスペース・ディスコに仕上がっている。ラップ・パートはほとんどなく、とにかく「Hot Stuff」と言いたいだけのヴォーカル陣。そして、それを盤石に支えるMocambo達。ごく一部でだけどヒットしたのが頷ける。



11. The Showdown
 タイトル・トラックはインスト。オープニングとループするようなシネマライクなサウンド。俺の想像したのはマカロニ・ウエスタン。




The Future Is Here
The Future Is Here
posted with amazlet at 16.02.16
Légère Recordings (2011-10-17)
Mocambo Funk Forty Fives
Mocambo Funk Forty Fives
posted with amazlet at 16.02.16
Various Artists
Mocambo (2008-01-15)
売り上げランキング: 453,106

世界のジャズ・ファンク・バンド巡り:ドイツ編 - Gizelle Smith & The Mighty Mocambos ‎– 『This Is Gizelle Smith & The Mighty Mocambos』

folder 今回はドイツはハンブルグを中心に活動する、Mighty Mocambosのご紹介。隣接する国が多いEU圏内という地の利を活かして、近隣国への出張ツアーも度々行なっている。ミュージシャンとして活動する彼らのもう一つの顔として、プライベート・レーベルMocamboを主宰しており、他のアーティストのプロデュース・ワークや客演はもちろんのこと、レーベル運営の些末な事務作業も行なわなければならず、なかなか自分たちの作品にまで手が回らないようである。
 そのせいもあって、2006年よりレーベル・スタートにもかかわらず、今のところバンドとしての純粋なオリジナル・アルバムは1枚のみ。ヨーロッパ系のジャズ・ファンク/ディープ・ソウル・ファンにとっては、非常にヤキモキさせる存在である。

 で、今回のアルバム、ほぼ全編ゲスト・ヴォーカルGizelle Smithをフィーチャーしているため、厳密に言えばオリジナルではないのだけれど、バックのサウンドはほぼメンバー9人でまかなっているので、細かいことは言いっこなしで。むしろ、インスト中心のアルバムよりも、歌入りのこちらの方が喰いつきが良いと思う。実際、リリース当時にはタワレコでリコメン指定されていたそうだけど、あいにく俺はその頃、そっち方面のサウンドには興味がなかったので、ほぼスルーだった。
 当初はシングルのみのコラボの予定だったのだけど、それが世界中のDJやらクリエイターに絶賛されたことがきっかけとなって、アルバム制作に発展したという経緯である。Kenny DopeやKeb Dargeという、特にUKダンス・シーンでは絶大な信頼を誇るプロデューサーらによってリコメンドされることによって、前評判が高まった。

MightyMocambos

 ジャズ・ファンク/ディープ・ファンクというジャンル自体、もともとポピュラーなジャンルではないので、大きなセールスには結びつきづらいことは永年の課題である。多分、これから先もこの状況は続くだろうけど、大きくメジャー展開していない分だけ急速に衰退してゆくことも考えづらく、見方を変えると、細く長く続けてゆくためには手堅い分野でもある。
 リリース形態がシングル中心というのも、他のジャンルにはあまり見られない特徴である。アルバム制作ともなれば、まとまった資金と時間が必要となるが、レーベル側もそこまで資本投下できるほど余裕があるはずもない。好きこのんでこういったジャンルに手を出しているくらいだから、経営自体もカツカツである。まぁ好きでやっているのだから仕方がないのだけど、もう少し売れ線狙いでやってもいいんじゃないかと、余計な心配までしてしまうくらいである。
 何しろ、世のジャズ・ファンク・バンドのほとんどはインスト中心、アルバムともなればヴォーカル・ナンバーもあるが、それもせいぜい2~3曲程度、ほんと何度も言うが、もうちょっと損益考えてもいいんじゃないの、と心配してしまうようなリリースを平気で行なっている。

4545

 で、シスター・ファンクの歌姫として、ソロにコラボに忙しく働くGizelle Smith、UKマンチェスターを飛び出してからは、まだ若いはずなのにすっかりディーヴァの風格を醸し出し、熟練ミュージシャンらを相手取って、ファンキーにダイナミックに、そしてセクシャルなヴォーカルを聴かせている。
 サウンドとしては典型的なパーティ・チューン。これ以上でもこれ以下でもなく、妙に腰の据わったディーヴァがひたすら歌いまくりシャウトしまくり、踊る踊る踊る。
 Mighty Mocambosも百戦錬磨のミュージシャン揃いのはずなのだけど、ここでは完全にGizelleが主役である。熟練ゆえの余裕なのか、好き放題パフォーマンスさせておいて、掌で踊らせてやってる風情が思い浮かび、どことなく微笑ましくさえある。

 とんでもなく革新的な作品でもなければ、時代を象徴する名盤でもない。多分、「60~70年代にかけてのディスコ・ブーム前夜にひっそりリリースされたシスター・ファンクのレア物」と言っても通用してしまうくらい、シンプルかつストレートな正統ファンクである。
 決して時代を動かすようなサウンドではないし、知らない人は知らないままで、ほんとこのまま埋もれてしまうんじゃないかと思えてしまうアルバムなのだけど、まぁこういうのもいいんじゃない?と、つい微笑んでしまうようなアルバムである。
 Mighty Mocambos自身も、大それた野望などは持ち合わせていないはず。彼らにとって重要なのは、CDやyoutubeの向こうにいるリスナーではなく、あくまで目の前のオーディエンスたちである。活動ベースであるライブハウスで、彼らを躍らせ興奮させ、そして演奏する自分たちもハイになることが重要なのだ。


This Is Gizelle Smith & the Mighty Mocambos
Smith & Mighty
Legere Recordings (2012-10-19)
売り上げランキング: 398,794




01. Working Woman
 まんまJB系のどストレート・ファンク。Lynn CollinsやVicky Anderson直系のノリノリ・ナンバー。このシングルが発売された途端、世界中のDJらが狂喜乱舞して取り上げまくったのも無理はない。これだけパワフルなヴォーカルなのに、音割れも歪みもせず、きれいに響かせているのは、よほどのテクニックがないと難しいはず。

02. The Time Is Right For Love
 基本、アッパー系はどれも同じような曲調なのだけど、飽きさせずに聴かせるのは、ヴォーカル・演奏ともテクニックがモノを言う。多分それほど予算も時間もかけられなかっただろうし、スタジオ機材だってそれほど最新鋭なモノではない。ジャズ・ファンク系のバンドの常として、サウンドはあまりいじらないだろうし、余計なエフェクトをかけるわけでもない。クリアでしかもガッツのあるバッキングだけど、Gizelのヴォーカルもまたクリアに響いている。
 歌がうまいのは当たり前だけど、その歌をどう聴かせるか、どのようなテクニックで響かせるかがきちんとわかっているヴォーカリストである。

03. Gonna Get You
 一時期ミックス・テープでよく使われてた、疾走感あふれるナンバー。力強いブラス・セクションに絡まり纏わりつくリズム・ギターが絶品。中盤のブレイクでのGizelleとコーラスがまた脱力しててちょっぴりエロい。

5656

04. Out of Fashion
 ちょっとだけマイナー系のサウンド、ややトーンを落として、ビッチっぽく吐き捨てるような歌い方によって、曲の表情を浮かび上がらせている。珍しく、終盤でちょっとスペイシーなエフェクトが聴ける。

05. Coffee High
 こちらは正統なバラード・ファンク。しっかし古臭いコーラス・アレンジだな、ほんと。曲調やバンドのカラーには合っているのだが、まぁ売れないよな、そりゃ。もしかしたら10年くらい後にレア・グルーヴ・リバイバルのブームが来たら、Marva Whitneyあたりのフォロワーとして再発見されるかもしれない。
 


06. Hold Fast
 ソリッドなインスト・ファンク。時々尺八っぽく響くフルートとギター・カッティングとのユニゾンがカッコイイ。こちらも時代性を感じさせない。

07. Snake Charmer
 60年代スパイ映画のサントラ調。怪しげなオルガンに合わせて囁くGizelle。メロディを追うのではなくモノローグを多用しており、なお一層ミステリアスなファンク・ミュージックが闇の底を蠢いている。

08. Love Alarm
 メロディー、ヴォーカルとも色気が合って、アレンジの方向性が違っていれば、もう少し別の可能性もあったんじゃないかと示唆させる曲。少しテンポを落としてブラスを引っ込め、リズムを強調してヴォーカルにエコーをかけてやればあら不思議、アシッド・ジャズになっちゃった。そうすればクラブ・シーンだけでなく、もう少し広い範囲でもかけられるんじゃないかと思ってしまうのだけど、狙ってるのはそこじゃないだろうし、多分彼らとしてどうでもいいことなのだろう。

09. Everything Holds Blame
 03.に続くバラード・ナンバー。何ていうか、曲調が完全に男性仕様である。Otis Redding用に作られたベーシック・トラックに、無理やりGizelleが割り込んで歌い飛ばした感が強い。しかし、これもベースと言いドラムと言い、リズムがねちっこくていいな。
 


10. Free Vibes –Instrumental-
 ブリッジ的なインスト・ナンバー。箸休めとして、こういった曲も必要である。ブラスを強めにした、ジャズ・ファンク系のバンドとして、コンパクトにまとめている。

11. Magic Time Machine
 こちらも一時期、FMでよく流れていた記憶がある。スロー・テンポなラテン・ファンクなのだけれど、妙なグルーヴ感があるのは、やはりGizelleもそうだが、百戦錬磨の盤石のサウンドを誇るMocambosならでは。やや歌謡曲っぽいメロディーが、俺を含む日本人にはシンパシーを感じるのだろう。

12. Nothing For Nothing
 これもよく聴いた。ビッチ風の投げやりでパワフルなヴォーカルがマッチしている。またこれにビッチなコーラスが被ると、怪しげな場末のクラブの雰囲気がムンムン匂ってくる。一本調子になってしまいがちだが、何しろ短いナンバーなので、飽きずに聴かせてしまう。
 
15brasscooled_article
 



 あっという間の37分。CDならちょうど半分の収録時間だけれど、どの曲もテンションが高いので、物足りなさは感じない。どの曲も2~3分くらいのため、テンポもいいし、飽きる前に終わってしまうので、パーティBGMとしてもぴったり、踊るにもちょうどいい塩梅である。これがライブとなると、もっと演奏部分を膨らませて、とんでもないグルーヴの嵐になるのだろうけど、レコード(CDではない)でお試し感覚となれば、ちょうどいいくらいだと思う。
 こういったアルバムは無数にリリースされているのだけど、日本ではなかなか情報も入ってこないので、自分からアクティヴに動くしかないのが現状。
 あとはP-VINE、あんたらにかかってる。


The Future Is Here
The Future Is Here
posted with amazlet at 16.02.16
Légère Recordings (2011-10-17)
ショウダウン
ショウダウン
posted with amazlet at 16.02.16
ザ・マイティ・モカンボス
Pヴァイン・レコード (2015-03-18)
売り上げランキング: 308,099
カテゴリー
記事検索
Twitter
北海道の中途半端な田舎に住む、そろそろアラフィフ男。ほぼ週1のペースで音楽ブログ更新中。節操ない聴き方と思われてるけど、自分の中では一貫してるつもり。 最近は蔵書の整理がてら、古い本を再読中。ジョン・アーヴィングから始まって、フィッツジェラルドやゾラ、モームなど、いわゆる古典の復習中。いつになったら終わることやら。新刊読めねぇや。
最新コメント

音楽 ブログランキングへ


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: