John Coltrane

好きなアルバムを自分勝手にダラダラ語る、そういったゆるいコンセプトのブログです。

「ジャズ」として聴ける限界値のコルトレーン - John Coltrane 『Transition』

folder 前回のMilesの続き。
 組織論としてのバンドの実例として、ColtraneとMiles両名で検証してみたのだけど、結局、どちらのやり方でも後進への影響やセールス実績を残しているため、優劣をつけることはできない。方向性の違いだけである。なんだそりゃ。

 もともと正統派モダン・ジャズの係累を歩んできた両名、スタイルの違いはあれど、本質的なところではそんなに変化はない。強烈なミュージシャン・エゴに基づくリーダーシップを振りかざし、いち早くツバをつけた若手の尻を叩いてセッションを進行させてゆく、というプロセスは変わりない。
 バンド運営的にも、実績の弱い成長過程の若手はスケジュール的にもギャラ的にも何かとムリが効く。何しろ相手はジャズ界の大ベテランで、むしろ手弁当でもいいくらいの気概で参加している者も多い。
 「ギャラの取り分?まぁ勉強させてもらってるんで、イイっすよ言い値で」。
 なので、コスパ的にも何かと都合が良い。ある程度在籍して発言権を得てきたあたりで独り立ちさせてやりゃいいんだし。

 Coltraneの後期の作品のほとんどが、メイン・ソロイスト(要はColtrane)プラスαというアンバランスな構成になっている。末期はPharoah Sandersとの双頭体制も多かったけど、基本、Coltraneのコンセプトに従ってのプレイなので、突出したオリジナリティを表現する余地はほとんどない。彼が本性をあらわしてくるのは、Coltraneが亡くなってからである。
 対しMiles、リーダー・アルバムであるにもかかわらず、もともと彼の場合、メインのソロの割合はColtraneほど多くない。以前どこかで書いたと思うけど、Milesというアーティストはプレイヤーというよりはむしろサウンド・コーディネーターであり、コンセプト・メーカーである。具体的な意図を提示するわけではないけど、「こんな風にやれ」と彼が指示するだけで、いつの間にかMilesのサウンドになってしまっている。引退直前の一連のアルバムを聴いてみればわかるけど、どのプレイヤーも好き勝手に演奏しているように思われるけど、最終的にはきちんと「Miles Davis」印のサウンドとして成立してしまっている。誰もがみな、Milesの掌の上で踊らされているに過ぎないのだ。
 そんな塩梅なので、何もMiles自らが無理に出張ってソロを吹きまくる必要もない。要所を押さえておけばよいのであって、それをより効果的に演出するため、むしろソロ比率は他のアーティストと比較しても圧倒的に少ない。でも、ちゃんとMilesのサウンドになっちゃってるのだ。

Coltrane-770

 で、Coltraneの場合。彼の場合、音楽をプレイするという行為に意味を見出そうとするがため、どうしても曲の構成が理屈っぽくならざるを得ない。ちょっと息苦しささえ感じてしまうのは、何もフリー性が強くなったからだけではない。主に頭の中だけで構築されたサウンドは、敷居を高くする。
 イデオロギーに基づいて頭の中でこねくり回された音楽的なアイディアは、収拾がつかなくなっちゃってるのだけど、とにかく思いついた音はすべて出し切らないと気が済まない。膨大すぎて整理がつかなくなっちゃった末、演奏するたびにテンションが上がりまくって、全部自分でやってしまうパターンが多い。演奏に入る前はそれなりにアンサンブルも構成も考えていたはずなのに、全部チャラ。シーツ・オブ・サウンドの暴走である。
 Pharoahもそうだけど、他にもRashied Aliなど有能なミュージシャンをバックに従えているのだから、彼らを単なる伴奏者として使おうだなんて思っていなかったはず。一応はバンマスとしてのColtraneが取りまとめているのだけど、彼らはバンド・メンバーであると同時にイデオロギーを共にした同志であり、基本、上下関係というのはない。
 なので、Coltraneとしてはみな平等に見せ場を作ろうと開演前には思うのだけど、いざステージに立って演奏が始まってしまうと、すべての目論見はぶっ飛んでしまう。いつもの独演会の始まりである。

 プレイヤーとしてまっとうな感覚を持つミュージシャンなら、そんなバンマスの独善ぶりに嫌気が差しても不思議はない。実際、日に日に肥大化する彼のインプロビゼーションについていけなくなったのか、黄金のカルテットと称されたMcCoy TynerとElvin Jonesもバンドを去っている。
 最後まで残ったのは、前述の2人に加え、Coltrane夫人のAlice。こちらも恋愛関係が昂じて一緒になった夫婦というよりは、イデオロギーに共鳴した同志としての関係であり、世間一般のカップルとはニュアンスが違っている。一般的に考えて、同じ職場に奥さんが在籍しているというのは、あまり気持ちの良いものではなく、むしろ不自然。家内制手工業や3ちゃん農業でもあるまいし、気疲れしなかったのかな。
 そういえば、Paul McCartneyもWingsで妻Lindaを引き入れていたし、Fleetwood Macなんて元夫婦や元カップルやらW不倫やらその他もろもろで、バンドが成立していたのが不思議なくらいである。ミュージシャンって、そういうのあんまり気にしないのかな。

alicecoltrane_

 これはジャズ全般に言えることだけど、ポップスのようにイントロ→Aメロ→サビ→間奏→Bメロ→大サビ→アウトロという定型化した構造がなく、基本となるフレーズとコード進行、何となくソロの割り振りさえ決めてしまえば、どうにでもなっちゃうジャンルである。同じ曲名なのに、全然違った曲になってしまうことも珍しくはない。その日の気分次第コンディション次第で、アドリブ・パートのフレーズがまったく変わってしまうこともしょっちゅうである。
 なのでColtraneの場合、特にシーツ・オブ・サウンドが一応の完成を見てからのアトランティック後期からは、毎ステージごとが新曲のようなものである。ジャケットや風貌にスピリチュアルな要素が入ってくるのと前後して、彼らの演奏は常に新規巻き直しの真剣勝負の様相を呈している。彼らにとってジャズを演奏するということは、カタルシスを得るためではなく、もっと先にあるなにかに辿り着くための修練、Disciplineなのだ。
 全キャリアを網羅するが如く、Coltraneの未発表セッションの発掘作業は続いている。正規・ブートに限らず、毎月のように世界各国のメディア音源、蔵出し音源がリリースされている。俺自身はそこまでのColtraneマニアではないので、たまに正規音源をつまんでみる程度だけど、すべての録音物をかき集めたとしたら、とんでもない物量になってしまうだろう。そうすると一生を棒に振りかねないので、ライトなユーザーに甘んじている次第。インパルス期はあんまり聴いてない。
 多分、末期にも俺が気に入る音源はあるのだろうけど、いつもyoutubeの視聴程度で断念してしまう。特に俺が大好きな「My Favorite Things」、日本公演のそれはまるまるCD1枚分の物量に肥大化している。あの軽やかに口ずさめるフレーズはほんのちょっぴり、あとは難解かつ混迷とした解釈によって、原形を留めていない。フリー・ジャズをわかってる人間にとっては良いのだろうけど、ライトなユーザーの俺からみれば、迷宮にはまり込んでこじらせちゃった感が強い。
 もうちょっとコンパクトにまとめるとか、誰か進言しなかったのか?

jpg__1072x0_q85_upscale

 そう考えると、Teo Maceroの偉大さが実感できる。後年になってからだけど、めったに人を褒めることのないMilesでさえ、彼の編集技術を高く評価していたし、どれだけとっ散らかったとしても、最後はTeoが何とかしてくれる、という信頼関係によって、セッションが進行していたことも解明されている。
 Stonesのジャム・セッションにも比肩する冗長なセッションによって生み出された膨大なテープの山を前に、躊躇せずバシバシハサミを入れ、そしてシステマティックに繋いでゆくTeo。当時は決して表に出ることのなかった、地道で神経を磨り減らす作業を、彼は黙々と、それでいて誠実にクリアしていった。
 Milesのコンダクトによって続々生産される未編集テープの山を、Teoが商品として適切な形にブラッシュアップ、体裁を整えてリリースされる。その完成ヴァージョンをもとにライブでプレイ、そこからまた新たな着想を得てレコーディングに入る。その好循環は、MilesがCBSと袂を分かつまで続いた。

cached

 そんなTeo的ポジションの不在が、特に後期Coltraneへの生理的拒否感を助長させたんじゃないかと思われる。双方とも、フリー・ジャズ&インプロビゼーション主体の音楽性であることに変わりはないのだけど、アラスカの奥地へも配給ルートを持つ大メジャーCBSと、アーティストの意向を最大限尊重するジャズ専門レーベルのインパルスとでは、そもそもの販売戦略が違っている。
 どれだけMilesが奔放なプレイをしようと、マス・ユーザーを想定して編集ブースにこもるTeoによって、そのテープは時に原形を留めぬほど切り刻まれた。どれだけ良いアドリブやアンサンブルがあったとしても、冗長で意味がないと判断すれば、彼は容赦なくその部分をカットした。ほんとはもっと短く編集してもよいくらいだけど、2枚組になってしまうのは、Milesに対する敬意を表したものだろう。もし彼がその気になれば、テープをいくらでも短く、または長く編集できたはずである。

 対してインパルス、前述したように極力テープ編集を抑え、アーティストへのリスペクト最大限に表したアルバムが多勢を占めている。要は「録って出し」である。余計なスタジオ経費もかからないし。
 純血主義のジャズ・ユーザーにとっては、もちろんインパルスのメソッドが王道であるはず。それはわかっているんだけど、そういった戦略はあまり大きな広がりを見せない。アトランティック期はともかくとして、このインパルス期はライト・ユーザーへの敷居を高くしてしまい、新参者にとっては足を踏み入れることすら躊躇してしまう。もうちょっと、親しみやすい芸風はなかったのか?と問い詰めたくなってしまう。

John Coltrane & Rashied Ali

 ほとんど完成の域に達していたシーツ・オブ・サウンドに見切りをつけ、集団即興をメインとしたフリー・スタイルへ大きく舵を切ったのが、いまでも問題作の『Ascension』。リリースから50年近く経った今になって聴いてみれば、リード楽器の乱立によってあちこちで不協和音が発生しているのがわかる。セッションいよるマジックは生まれているのだろうけど、あまりに散発過ぎてとっ散らかってちゃってる、というのが俺の印象。Teoに頼めば、もうちょっと聴きやすくしてくれるのだろうけど、まぁそういったコンセプトじゃないし。
 じゃあフリーに入る前、オーソドックスなモダン・ジャズ、シーツ・オブ・サウンドの完成系がどれなのかと言えば、いわゆる過渡期にレコーディングされたこの『Transition』になる。録音されたのは1965年なのだけど、リリースされたのは1970年、いわゆる追悼盤に分類される。生前リリースされなかったのは彼の意志によるもので、妻Aliceにも「俺が生きているうちはリリースするな」と言い残したのはわりと有名。なにかと曰くつきのアルバムとして、裏名盤と呼ばれている所以でもある。
 Coltraneとしては一応レコーディングはしたものの、あくまで旧来ジャズの範疇に収まっている今作に満足できず、心はすでにフリーの方向性に移っていた頃である。シーツ・オブ・サウンドにある程度の完成形を見据えてしまった今となっては、古臭く映ってしまったのだろう。
 徹底的な創造の後に来るのは、もはや自己解体しか残ってない。そう考えるとColtraneの方向性は間違っていない。純粋に自身の音楽を極めるとするならば、当然の帰結でもある。

 ただ、「進化すること=善」というのは短絡的。人はそんな簡単に割り切れない。
 Coltraneが見せる最後の「ジャズ」のアルバムとして、ネット界隈でも人気は高い。そんなこと知らずに聴いていたので、正直意外だった俺。俺を含め、ライトなColtraneファンの分水嶺がここにある。
 ここから先のColtraneの作品は、Coltrane’sジャズを完成させた後、緻密かつ暴力的にジャズを解体してゆく経過報告である。その作業は粛々と、それでいてロジカルに行なわれた。
 それは「徒労」とも言える作業だ。


トランジション
トランジション
posted with amazlet at 16.09.23
ジョン・コルトレーン
ユニバーサル ミュージック (2015-05-13)
売り上げランキング: 200,482



1. Transition
 アトランティック期にも通ずる、比較的オーソドックスなテナー・ソロから始まる。流麗に感じるのはホント序盤だけ、次第にColtraneがトランス状態に入り、『Ascension』以降に通ずる超絶冗長ソロに変貌してゆく。それを力づくで押さえつけるようなElvinのシンバル連打。この掛け合いを聴いてるだけでも面白い。この程度の脱線ぶりなら、まだ着いて行ける。

2. Welcome
 オリジナルはここに「Dear Lord」が入るはずなのだけど、俺が持ってるのは違う曲に差し替えられている。調べてみるとリマスター以前と以後とでは収録曲自体が違っており、その辺も混乱を招いて紹介されずらい要因となっている。
 5分程度の小品バラードなので、さすがにここで超絶ブロウを入れる余地はない。時に一本調子に聴こえるテナーにも磨きがかかり、普通にマッタリ聴いていられる。こういった曲調でのMcCoy Tynerは、ほんといい仕事だよなぁ、と思ってしまう。

JohnColtraneWiki

3. Suite (Prayer and Meditation: Day, Peace and After, Prayer and Meditation: Evening, Affirmation, Prayer and Meditation: 4 A.M.) 
 LP時代はB面全部を埋め尽くした21分の大作。堂々5部作になっているのは大風呂敷を広げる傾向にあった彼の趣味。
 これだけ長尺で各パートのソロも割り振ると、あまり脱線することもなく至極全うなシーツ・オブ・サウンドに徹している。時々聴こえてくるカン高いハイノートがうざく感じられてしまうけど、バンド・アンサンブルを楽しむのなら良曲。

4. Vigil
 出だしから一触即発状態だったElvinとのタイマン勝負が収録されている、強い熱量を感じさせるナンバー。ルーティンからはずれようと小技を繰り返すColtrane、そしてチャラチャラした現代ジャズには屈しないという意思表明なのか、普段より手数も存在感も多いElvinのプレイ。すさまじい緊張感の中で録音されたことが窺える良作。
 でも、食い合わせ次第では音の壁にやられてしまいそうになるので、体調を整えたあとに聴くことが望ましい。



Trane's Comin'
Trane's Comin'
posted with amazlet at 16.09.23
John Coltrane
Not Now UK (2010-06-01)
売り上げランキング: 130,460
The Atlantic Years in Mono
The Atlantic Years in Mono
posted with amazlet at 16.09.23
John Coltrane
Atlantic (2016-07-08)
売り上げランキング: 153,596

強面のオッサンだって、話せばイイ人の場合もある - John Coltrane 『A Love Supreme』

folder 1965年インパルスからリリースされたアルバム。いつも通り、もう何枚目なのかはわからないし、インパルスにおいても発掘で後付けリリースがいっぱいあるしで、もう何が何だか。没後40年以上経っているにもかかわらず、それだけニーズがあるのだから、Coltrane恐るべし。
 彼の中でもモード・ジャズのひと区切りとして特別な位置を占めているのと同時に、そのクオリティの高さから一般的に代表作とされているこのアルバム、アメリカの雑誌『Rolling Stone』で公開されたオール・タイム・ベスト・アルバム500において、ロック/ポピュラー系が多勢を占める中、数少ないジャズ・アーティストとしては47位にランクインしている。
 ちなみに他に100位以内に入ったジャズ・アルバムは、12位にMilesの『Kind of Blue』、95位に『Bitches Brew』くらいという有様で、圧倒的に不利である。で、これはちょっとギリギリだけど、103位にようやく『Giant Steps』が登場してくる。混戦の中で健闘した方だという見方もできるけど、ジャズという音楽の求心力がそれだけ衰えているという証左でもある。
 ついでに調べてみると、「アメリカの至宝として認定され、スミソニアン博物館にも所蔵されている」との記述。スッゴイ箔がついたよなぁと思ってさらに調べてみると、他にもParliamentの『Mothership Connection』まで入ってるのを見てしまうと、なんかビミョウ。いや、確かに悪いアルバムではないんだけど、Parliament とColtraneを等価として扱うのは、ちょっと方向性が違い過ぎる感が強い。第一、あのGeorge Clintonに畏まった場所はどこか不似合い。むしろ、そういった権威的なモノからは最も遠い存在だと思うのだけど。

John+Coltrane+John+and+Alice-thumb-500x625-42612

 その権威的なものに取り込まれてしまったわけではないけど、このアルバムの放つ重厚感は『Giant Steps』以上、とにかく俺俺感の強いオーラを放っている作品である。ほんとどこを切ってもColtraneなサウンドなのだけど、その彼が本作レコーディングにあたって強く影響を受けたカバラ主義について調べてみると…、さらにわけがわからなくなった。
 「カバラとは、ユダヤ教の伝統に基づいた創造論、終末論、メシア論を伴う神秘主義思想である。独特の宇宙観を持っていることから、しばしば仏教における密教との類似性を指摘されることがある」。
 以上、wikiからのコピペ。世界の始まりから終わりまでをスピリチュアルに著した教義なんじゃないか、とまではなんとなく理解できるのだけど、じゃあその詳細は何かといえば…、なんかめんどくさくなったので、調べる気が失せた。実は本筋と大きな関係はないし。
 一体どういった経緯でColtraneがこの思想にたどり着いたのか、そしてそれを音楽という手段で表現しようと思い当たったのか。
 彼が特定の宗教に深く入り込んだ、というはっきりした記録はない。だけど、一時苦しんだ麻薬中毒からの脱却を図る過程の上で、アイデンティティの確立を求めてあらゆる思想宗教を学んでいたことは充分考えられる。ただ60年代末という時代においては、次第にサイケの流れを汲むドラッグ・カルチャーの影響が蔓延しつつあり、そこからハルマゲドン的な終末思想、その対極にあるラブ&ピースなお花畑思想が並行して広まりつつあった。そんな中で物静かな読書家でもあったColtraneが、そういった思想にかぶれちゃったのは自然の流れでもある。

 で、そういった過程の上で学んだ知識・経験を音楽として落とし込み、壮大な思想のシンフォニーとして大真面目に創り上げたのがこのアルバムである。
 ちなみに参加メンバーは「不動のカルテット」と評された、
 John Coltrane - tenor sax
 Jimmy Garrison - bass
 Elvin Jones - drum
 McCoy Tyner - piano
 の4人。
 後にColtraneのあまりのフリー・フォームへの傾倒のあまり、極端なコンセプトに着いてゆけなくなったMcCoyが抜け、次にクビ同然にElvinもバンドを去ることになるのだけれど、この頃のバンド・コンセプトは、まだ彼らの理解の範疇にあったということである。いくらメッセージ性やコンセプトがガッチガチであろうと、この頃はまだ音楽としての調性が基本としてあり、プロのミュージシャンとしてのプライドを侵食していない。この後、Coltrane は急速にアバンギャルドなスタイルを志向してゆき、次第にサウンドも無調音階が支配するようになるのだけど、それはもうすこし後の話。

coltrane_supreme

 そういった混沌の世界に突入する前、まだポピュラー音楽としての体裁が整っていた時期のこの『Love Supreme』、その抹香臭いイメージから難解と受け取られることが多く、軽く聴き流すことが許されないムードがある。確かに冒頭のテナー・サックスの嘶きなどはBGMとして向かないけど、だからと言って必要以上に崇め奉るのもいかがなものかと、俺的には思う。
 思わせぶりに暗示的な物言いの直筆ライナーノーツ、保守系ジャズ・ファンや評論家らの許容範囲に収まる哲学的なコンセプト。「ズージャを理解するのにこれは必聴」と囃し立てるメディアの論調など、もうちょっと気軽に聴いてみたいビギナーやライト・ユーザーへの敷居を上げるだけ上げてしまって、ちょっと近寄りがたい存在になっているのが現状である。
 でもね、レジェンドだって下世話な面もあるし、案外話してみると気さくな面もあるんだよ。強面のイカついオッサンがすごくイイ笑顔を見せる場合もあるように、第一印象だけで判断するのは早計、逆に後の好印象が引き立ってくることだってある。
 以前レビューしたPink Floyd 『Final Cut』もシリアスなコンセプトが前面に出過ぎていろいろ誤解されてるけど、通して聴いてみるとDavid Gilmourの音楽センスによって、いくつかの曲はまともなコンテンポラリー・サウンドとして成立している。コンセプト・リーダーであるRoger Watersの影が強すぎるせいもあって、全体的には陰鬱としたアルバムだけど、これはこれで良いところだってあるのだ。何だかんだ言っても俺『Final Cut』結構好きだし。

BN-LI815_coltra_G_20151119074626

 なので、この『Love Supreme』も思ってるほどには難解ではない。コンセプトがどうしたカバラ思想がどうしたというのはColtraneの勝手であって、聴く側がそれを過剰に意識する必要はない。だって、McCoy やElvinらがそこら辺を十全に理解した上でプレイしているのかと言えば怪しいものだし、第一彼ら、多少畏まってはいるけど、基本は平常運転である。
 Floydと違って歌詞がないモダン・ジャズでは、具体的なメッセージが伝わりづらい面があるため、逆にそこが断定的な印象を回避している。「あの人は取っ付きずらい人だよ」という余計な言葉には耳を貸さず、普通に聴いてみればよいのだ。
 そんな感じで先入観を抜きにして聴いてみると、冒頭の嘶きさえクリアしてしまえば、モダン・ジャズのオーソドックスなマナーに則った演奏であることがわかる。そりゃリーダーがそっち方面に行っちゃってる状態だから、メンバーも一応合わせてはいるけど、基本はモダン・ジャズの本流の人たち、ベーシックな部分は何も変わらない。
 そのオーソドックスな部分と、Coltraneが徐々に傾倒しつつあるフリー・フォームとの絶妙なバランスが拮抗し合った瞬間というのが、この『Love Supreme』である。そのバランスを微妙に維持しながら、このカルテットはもう少し生き長らえることになるのだけど、次第にColtraneのベクトルが強くなり、1人また1人とバンドを離れ、引き継ぎメンバーは次第にフリー志向のミュージシャンが多くなってゆく。


A LOVE SUPREME [Verve]
A LOVE SUPREME [Verve]
posted with amazlet at 16.02.11
John Coltrane
Impulse Records (2003-08-19)
売り上げランキング: 136,626




Part 1–Acknowledgement(承認)
 冒頭、そのサックスの嘶きは『My Favorite Things』を思わせる瞬間もあるけど、それも束の間、進むにつれ不穏さが増してゆく。探るようなMcCoyのシンプルなコード・プレイ、それに乗せて序盤はアイドリング気味のColtrane。徐々にエンジンが温まるように、次第にアタックが強くなるElvinのドラム。ここはColtraneの独壇場、全知全能のシャーマンの如く、他メンバーのソロを挟む余地はない。
 有名なラストは呪詛のようなモノローグ「Love Supreme」のリフレイン。細かく刻まれるシンバルの響きの中、それは深い地の底から不気味に響く。不協和音気味のMcCoyのピアノの調べ。彼の思うところのフリーなプレイだけど、あいにくメロディを奏でてしまっている。もっと一音一音がいびつでなければならないのに。

Part 2–Resolution (決意)
 1.ではあまり出番の少なかったJimmyのソロからスタート。ここでのColtraneはメロディアスなフレーズを多用しており、アトランティック期に戻ったかのようなオーソドックスなプレイを展開している。カクテル・ピアノっぽいMcCoyのパートもここでは活きており、かなり興が乗ったのか、1人オーケストラとも言える超絶プレイを披露している。
 この曲だけ抜き出して聴くと、普通に軽快で聴きやすいモダン・ジャズなのだけど、そういった聴き方を想定して作られたアルバムではない。Coltraneとしては最初から最後まで通して聴かせることを想定して、このシンフォニーを構成している。
 でも、軽快なColtraneを堪能するのならオススメのナンバー。



Part 3–Pursuance (追及)
 1分半にも及ぶElvinの絨毯爆撃的ソロ。ここでもMcCoyは頑張っているのだけど、やはり全体のコンセプトと照らし合わせると、彼の音は軽く響いてしまう。その辺がColtrane的には物足りなく感じているのか、McCoyパートがが終わった途端、まるで「どけやコラ」とでも言わんばかりにソロを吹き始める。その響きは焦燥感とイラつき、ネガティヴな感情をむき出しにしている。悠長なBGMで満足してんじゃねぇぞ、とでも言いたげに。
 そりゃ臨界点を超えて未踏の境地に至りたいのもわかるけど、逆にメンバーに一人くらい、McCoyのようにクレバーなスタイルでプレイする者がいないと、ほんとバンド・アンサンブルは破綻へ突き進んでしまう。Coltraneとしてはそこを狙っていたのだろうけど、そうなっちゃうとこのアルバムがここまでの支持を得ることもなかったわけで。
 ナパーム弾と迫撃砲と対空ミサイルをまとめて投下するような爆音を連打するElvinソロに続き、締めるのは静寂としたJimmyの長尺ソロ・プレイ。爆撃後の焦土はとても静かで、そしてそこに救いはない。すべてを打ち壊し、焼き尽くした後に残るのは、途方もない深さの絶望。
 晩年までColtraneと行動を共にすることになるJimmy、一蓮托生の心構えで追随してきた彼はColtraneにとって最大の理解者であり、そして共に荒野をひた走る戦友でもある。弦を指で擦る響きにまで、Coltraneの意図が反映されている。



Part 4–Psalm (賛美)
 ただこの時点では、Jimmyに限らずElvinもまた良き理解者であった。呪詛とも嗚咽とも取れるColtraneの太い音色に寄り添うように、時折はるか遠くの雷鳴のような打撃音を放つ。もうひとつのリード楽器であるピアノの音色は、やはりどうしても軽い。ただ、ピアノまでオドロオドロしくなると、「愛」もへったくれもなくなってしまう。
 ここでのColtraneのプレイはゆったり、大河の流れのように緩やかである。どの辺が「賛美」なのかはわかりかねるけど、未来へ繋がる希望も見えぬまま、焼き尽くされた焦土の上で、組曲は終わりを告げる。


 本当に難解になるのはこの後、実質的なフリー・ジャズ宣言となる『Ascension』 からである。Farrell SandersやArchie Sheppらによる制御不能な集団即興演奏が延々と展開され、次第には妻Aliceまでバンドに引っ張り込んで、混沌をそのまま投げ出したようなサウンドが支配するようになる。確かにカテゴリー上はジャズではあるけれど、旧来のジャズとはまったく違った音楽への探求が始まることになり、それと並行してColtraneの健康状態も蝕まれてゆく。


A Love Supreme: The Complete Masters
John Coltrane
Verve (2015-11-20)
売り上げランキング: 43,330
John Coltrane 4tet Live in France、 July 27/28 1965: The Complete Concerts
John Coltrane Quartet
Gambit (2009-04-07)
売り上げランキング: 38,571

とにかく俺、俺俺俺の大洪水 - John Coltrane 『Giant Steps』

folder
 1960年代末のMiles Davisは、既存のジャズの枠組みの中で自分のヴィジョンを表現することに限界を感じ始め、エレクトリック楽器の導入に至った。Miles以前にも、ピアノや弦楽器をアンプ増幅させることによって、目新しさを演出したミュージシャンはいたのだけれど、彼らのどれもがジャズの話法、コード進行はそのままに音色を置き換えただけで、新たな価値の創造とまでは行かなかった。
 Milesの場合、Stockhausenに代表される現代音楽に始まり、ファンクのリズムやミニマルなアフロ・ビート、そして晩年にはヒップホップまでも取り込むことによって、「Miles Davis」 としか形容のしようがないオンリーワンの音楽ジャンルを創り上げた。
 それに対し、あくまで「ジャズという枠組み」の中において、様々な創造と変革を行なっていたのが、John Coltraneである。

 1955年にMilesのバンドに加入したことを起点として、1967年肝臓ガンで亡くなるまでをキャリアとすると、実質の活動期間はほぼ10年強と、あまりにも短い。ただ、まるでそんな短命を予知していたかのように、彼は膨大な量の演奏活動を行なっている。死後間もない頃から、その発掘プロジェクトはスタートし、今でも絶賛進行中である。

hqdefault

 近年ではロックもその傾向が強いのだけど、ジャズの世界ではCharlie Perkerの昔から、過去の発掘作業が盛んである。特に1950年代から60年代、ジャズとしては黄金時代のアーカイヴは今でも需要が多く、レコード会社としても力の入れ方が強い。ていうか、現役のアーティストよりも往年のジャズ・レジェンドたちのニーズが多く、純粋な新譜よりも、過去の再発の方がアイテムが多いという状況が長年続いている。
 で、その発掘作業、世界中のレコード会社はもちろんのこと、一般的なファンの間でも精力的に行なわれている。金銭授受を目的としないファン有志らによって、ラジオ・TVの私的録音物など、ほんと「ここまでやるか」的な物まで探し当てられ、きれいにリマスタリング・リミックスされたりして、高いクオリティの物ならCDとして発売、また録音レベルが低い物は、ネットで無料で公開されたりなどしている。
 生前の発表物より、死後のアーカイヴの方が物量的に勝っているのは、モダン・ジャズのアーティストなら有りがちなことである。ただ本人としては不本意な出来のモノも白日の下に晒され、正規盤なのにブート並みのクオリティの商品も、決して少なくない。ファンにとっては、そういった不出来なモノも含めてのリスペクトなのだろうけど、もはや口出しできない本人としては、雲の上で何とボヤいているのだろうか。
 
 俺自身、Coltraneのアルバムは何枚か持っていたり音源で持っていたりしてはいるけど、そこまで熱心なファンではない。よって、別テイクや未発表テイクなど、そういった余りモノに食指は動かないのだけれど、まぁ雑誌やネットの煽り広告を見ていると、それだけでも楽しくなってしまう気持ちはわかる。
 「あの伝説的セッションの未発表ヴァージョン!!」「3テイク録られたうちのボツテイク2曲収録!!」なんて惹句を見ると、なんかそれだけでもワクワクしてしまう。とは言っても、別にわざわざ買ってまで聴こうとは思ってない。ロック/ポップスの場合にも当てはまるのだけれど、よほどの熱狂的ファンでもない限り、このような追加収録の類は、ほぼ2、3回聴いちゃうと満足して、もうそれっきりという場合がほとんどである。

tumblr_mmr3u5jQYJ1so28u7o1_1280

 『Giant Steps』はアトランティック移籍第一弾、シーツ・オヴ・サウンド奏法を確立した最初のアルバムと言われている。
 『My Favourite Things』のレビューでもチラッと書いたのだけど、理論的なことはよくわからない。ただ色々な文献を読んで聴いてみて、最終的に至った結論は、「ひとつのコードをすごく細かく切り刻み、テンポはめちゃくちゃ早く、切れ目なく続く音の洪水」ということである。あくまで俺的に、ということなので、間違ってたらごめん。

 これも誤解を恐れずに言うと、この時点ではまだシーツ・オヴ・サウンドに着手したばかり、まだ最終形態には達していない。バンド・メンバーらも、どこまでColtraneの真意を理解していたのかは怪しく、Coltrane本人にも迷いというのか、自分が理想とするヴィジョンと実際に出てくる音との間に、かなりのギャップを感じていたんじゃないかと思える。
 Coltraneが独走状態で空間を音で埋め尽くしているのに対し、他のメンバーはまだ従来のモダン・ジャズの延長線上で音を鳴らしている印象。Coltraneのプレイがあまりにも暴走気味なため、バンドが必死になって追いつこうとしている状況である。
 それだからなのか、決して完璧な演奏ではないのだけれど、そのギャップという違和感、迷走具合によって、まだ完全にシンクロしていない演奏には独自の緊張感がみなぎり、それゆえ結果的に白熱したセッションに仕上がっている。

john-coltrane_04

 技術を極めた一流の野球選手が、その現役時代のピークを表現する際、「ピッチャーの球が止まって見える」と口にすることがあるけど、モード奏法確立時のColtraneがまさにその状態だったんじゃないだろうか。
 彼にとって理想のヴィジョン、脳内で日々紡ぎ出される理想の音楽とは、決してフル・スロットルではなく、ナチュラルな状態で演奏して、ちょうどこんな感じだったのでは。もしかすると、もっとテンポは速く、音符で書き表すこともできなかったのかもしれない。ただ、それを表現するためのテクニカルな問題が立ちはだかったと共に、バンド・メンバーにそのコンセプトを伝えるための言葉や手段が想いつかなかった―、その結果がタイトル曲に結実してるんじゃないんだろうかと思う。

 完璧な音楽など、この世にはない。
 優秀なミュージシャンなら、誰もがそう思うだろう。この『Giant Steps』も彼にとっては理想のシーツ・オヴ・サウンドの通過点、せいぜい甘く見て80パーセント程度の仕上がりだったかもしれない。


ジャイアント・ステップス(+8)
ジョン・コルトレーン
Warner Music Japan =music= (2008-02-20)
売り上げランキング: 84,246



1. Giant Steps
 最初のテーマに騙されてはいけない。軽快なモダン・ジャズ・マナーの冒頭ソロから30秒もすると、音の洪水。よくこれだけ吹き切れるものだと、多分当時のリスナーも感心したんじゃないかと思われる。Art Taylor(Dr)、Paul Chambers(B)による安定したリズム・セクションに乗せて、Coltraneが縦横無尽に、そりゃもう吹きまくっている。
 こうして聴いてみると、『Giant Steps』の魅力とは、鉄壁のリズム・セクションに支えられてのものだと、改めて気づかされる。この後、Coltraneはシーツ・オヴ・サウンドをとことん追求してゆき、次第にフリー/アバンギャルドの方面へ向かってゆくのだけど、言ってしまえば、まぁ聴く人を選ぶ音楽である。このアルバム以降は、メンバー全員がフリーの演奏言語を駆使することによって、既存のジャズの物差しで測ると、まとまりがなく、とっ散らかった印象のサウンドが量産されることになる。みんながみんな、好き放題にやってしまうと、焦点がブレてポイントがわかりづらい。しっかりした土台の上でないと、それはただの不協和音になってしまう。
 ちなみにリズム・セクションがクレバーに、Coltraneがマイペースであるにもかかわらず、勝手の違う音楽に振り回されている一般人という印象が、Tommy Flanagan(P)。才能の問題ではなく、ここでの彼はひどく凡庸で、演奏にやっと着いていっている、といった印象。
 


2. Cousin Mary
 ほぼ1.と同じ構造、コード進行の曲。やはり30秒くらい経過すると、再びシーツ・オブ・サウンドが展開されるのだけれど、ここではもう少しテンポは緩めに、Coltraneのソロもマイルドになっている。ボスがお手柔らかにしてくれたおかげで、Flanaganのバッキングも堅実で、ソロも及第点。
 他のCDでは不明だけど、このアルバム、鍵盤のヴォリュームが小さくミックスされているため、Flanaganにとってはやや不利な状況である。リズム・セクションは相変わらず安定、Chambersも安心して聴いていられる。

3. Countdown
 ここはドラム・ソロよりスタート、すぐにColtraneの攻撃的なソロに代わり、しばらくはひたすらハイハットを叩かされるTaylor。録音の合間の肩慣らし的な、怒涛のような2分間。
 
295471994

4. Spiral
 基本、Coltraneはソロイストである。Milesとの違いがここ。
 Milesの場合、あまり自分のソロに固執するタイプではない。どちらかといえば、トータルな音像・コンセプトで自己表現するタイプなので、自分以外のソロも積極的に対等に扱っている。逆にColtraneの場合、どうしても自分メインとなってしまうため、下手するとどの曲も一本調子となり、同じように聴こえてしまう危険性を孕んでいる。
 この曲がそういった見本。Coltrane的なアベレージは充分クリアしているのだけれど、続けて聴いていると飽きが来てしまう。こんなこと本人にはとても言えないけど、もう少しバリエーションを考えても良かったんじゃね?とさえ思ってしまう。

5. Syeeda's Song Flute
 有名なリフから始まる、このアルバムの中では比較的キャッチーでポップな曲。この時期のColtraneとしてはモード・ジャズっぽい感じで、ブルー・ノート時代のアルバムに入ってても違和感がない。悪い意味ではなく、安心して聴ける曲。
 


6. Naima
 当時のColtrane夫人に捧げた、ナイーヴでセンチメンタルなバラード。俺的にこのアルバムの中では、タイトル・ナンバーと並んでベスト・テイク。中盤のWynton Kelly(P)のソロはBill Evansそっくりだけど、彼よりもっとアタック音が弱く、ソフトな印象。Coltraneのソロも充分なタメを使い、情緒たっぷりにプレイしている。ちなみにこの曲のみ、ドラムもJimmy Cobbに交代。
 


7. Mr. P.C.
 そう、これがあったんだ。
 これはモードとシーツ・オブ・サウンドの良質な融合といった印象の、プログレッシヴとスタンダードとの奇跡的な出会い。めでたく全テイク、フル出場となったChambersの名前を冠しているが、それほど全面的にフィーチャーしているわけでもない、まぁセッション時に適当につけた仮タイトルが、そのまま正式名称に昇格したと思われる。
 この曲は後半5分くらいから始まる、ColtraneとTaylorとの掛け合いがポイント。音で埋め尽くそうとするColtraneと、雷鳴のように鳴り響くバスドラとのガチンコ・バトルが面白い。どちらもパワー全開の大勝負。




 ちなみにリリースが1960年、没年まであと7年を残すばかりとなっている。もちろんこの時点では、死ぬことなど微塵も考えてなかっただろうけど、この後の怒涛の変幻自在振りは凄まじく、最終的には万人の理解を得るには難しい世界に行ってしまうのだけれど、アトランティック時代、少なくともインパルスの初期くらいまでは、まだモダン・ジャズの領域に片足を残していた頃であり、ジャズ初心者でもまだ理解しやすいはず。

 体調が良い時でないと、なかなか最後まで聴きとおすことができないアルバムである。聴き手にもそれなりの努力を要求する、敷居の高いアルバムだけれど、聴きやすい曲、例えば1.5.6.7.あたりから試しに聴いてみるのがオススメ。



Very Best of John Coltrane
Very Best of John Coltrane
posted with amazlet at 16.02.06
John Coltrane
Atlantic / Wea (2000-02-21)
売り上げランキング: 170,751
John Coltrane (Original Album Series)
John Coltrane
Rhino Flashback (2011-06-27)
売り上げランキング: 56,657
カテゴリー
記事検索
Twitter
北海道の中途半端な田舎に住む、そろそろアラフィフ男。ほぼ週1のペースで音楽ブログ更新中。節操ない聴き方と思われてるけど、自分の中では一貫してるつもり。 最近は蔵書の整理がてら、古い本を再読中。ジョン・アーヴィングから始まって、フィッツジェラルドやゾラ、モームなど、いわゆる古典の復習中。いつになったら終わることやら。新刊読めねぇや。
最新コメント

音楽 ブログランキングへ


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: