Cookin' On 3 Burners

好きなアルバムを自分勝手にダラダラ語る、そういったゆるいコンセプトのブログです。

この夏、思いのほか大ヒットしちゃったジャズ・ファンク - Cookin' On 3 Burners ‎『Blind Bet』

folder ちょっと前だけど、今年の夏の話。Electro Deluxeのニュー・アルバムがそろそろリリースされる、という情報が入ったので、「そう言えば、フランスのヒット・チャートで彼らのポジションって、一体どの辺なのだろう?」と何となく思いついて調べてみると、それをすっ飛ばすくらいビックリしちゃったことがあったので、今さらながらピックアップ。

 フランス出身のKUNGS(クングス) という、もうすぐ20歳のアーティストがいる。トランス方面はほぼまったく範囲外の俺にとって、彼はまったく未知の存在である。KUNGSが取り扱う主なジャンルは、フレンチ・ハウスやプログレッシブ・ハウス、いわゆるトランス/EDM系なので、さらに俺の住む世界とはまったく違う人である。EU圏は彼らのようなDJが活動しやすい環境が整っており、各国のクラブ・イベントを回るだけでも十分食っていけるようになっている。実際、年収1億というトップDJも結構いる、とのこと。あくまでクラブ系ド素人である俺が小耳にはさんだ程度の情報なので、深いところは各自で調べてみて。

 で、そんな若干18歳でデビューしたKUNGS君、3枚目のシングルとしてリリースしたのが、「This Girl」。Cookin’ on 3 Burnersファンなら誰でも知ってる、2009年リリースされた2枚目のアルバム『Soul Messin'』収録曲、オーストラリアの歌姫と称されることも多いKylie Auldistをゲスト・ヴォーカルに迎えたオールド・スタイルのソウル・ナンバーである。
 彼がどんな経路でこの曲を知ったのかは不明だけど、素材の魅力を感じ取ってクラブ用にリミックスを施してリリースしたところ、あれよあれよの大ヒット。フランス・ドイツではチャート1位を獲得、UKでも最高2位をマークし、他EU諸国でも軒並みトップ10圏内に入っている。
 若年層中心のクラブ・シーンを意識した、アーティスト本人らがほぼ出演しない、ストーリー仕立てのMVというのも、ヒットした要因のひとつだろう。むさ苦しいオジサン3人と、決してフォトジェニックとは言えない女性シンガーでは、ビジュアル的に間が持たないしね。



 リミックスとは称しているけど、KUNGSのやったことと言えば、ちょっとしたEDM風エフェクトと間奏の付け足しくらいで、原曲のイメージはほぼそのまんまである。なので、数は少ないけど確実に存在する世界中のCookin’ on 3 Burners 、またはKylie AuldistファンにとってはKUNGS様々と言っても良い。先月、札幌のGAPの店内でBGMでこれが流れてきて、あぁやっと日本にも伝わってきたんだな、とちょっと嬉しくなってしまった。

 すっかりトップDJの座に君臨することになったKUNGS君だけど、DJという性質上、彼らとのコラボもワンショットであり、今後の動向は素材選び次第にかかっている。普通のミュージシャンと違って、まったくの無から有を創り出すという制作スタイルではないので、そうそうヒットを連発できるものでもないけど、まぁがんばって欲しい。多分聴き続けることはないけどね。
 便宜上、コラボということになっているけど、正確にはリミックス素材を提供しただけ、という立場のCookin’ on 3 BurnersとKylie Auldist。今回、彼らが何か事を起こしたわけではなく、言ってしまえばKUNGSがたまたま拾い上げてくれただけ、だいぶ前に制作した楽曲が世界レベルのリバイバル・ヒットになって棚ボタ的なラッキーに巡り会ってしまった。
 おかげで今年の夏、EUで最も再生回数の多かったバンドがCookin’ on 3 Brunersという、何とも不可思議な状況になった。うん、書いてみても何か変な感じ。

kungs-gentleman-en-en-tete_1900796_667x333

 今回のヒットにバンド側も気を良くしたのかどうかは不明だけど、Kylieと行動を共にする機会も多く、現在、彼女が行なっているオーストラリア国内ツアーにはほぼ帯同している。もともと母体のBamboosが国内ではそこそこの存在になっていたため、知名度はあったはずなのだけど、ここに来ての突然の大ヒットが功を奏し、ライブはほぼソールド・アウトが続いている。このまま行けば、来年からの展開も変わってくるのかもしれない。
 メジャー化を目論むジャズ・ファンク・バンド。何だか反語的表現だな。

 マニアの間では好評だった『Soul Messin’』後、実はバンドの状況は大きく変わっている。先ほど母体がBamboosと書いたけど、そのBamboosとの兼任メンバーであり、言いだしっぺだったリーダーLance Ferguson、2013年を最後にグループを脱退、入れ替わりにDan West (g)が加入している。バンドの持ち味であるリード楽器が変わってしまえば、普通ならもう別バンドと言っても良さそうだけど、所属レーベルのFreestyleはそのままだし、基本はJake Masonのハモンド・オルガンがメインなので、大幅な変化は見られない。
 Lance自身もプロデューサー&スーパーバイザー的なスタンスで関わっており、自身のHPでも普通に新譜のインフォメーションを行なっているので、関係が険悪になったとは考えにくい。そのLance自身がBamboos以外にも、あちこち別プロジェクトに手を出してしまうため収拾がつかなくなり、とりあえずバンド運営的に安定してきたCookin’~から身を引くことにした、というのがホントのところだろう。

0005359862_10

 で、今回紹介するのはLanceが抜けた後、2014年に発売された3枚目のオリジナル・アルバム。基本的なジャズ・ファンク路線は変わらないのだけど、これまでになくブルース色が強く、比例してジャズ・テイストはちょっぴり薄めになっている。全11曲中6曲にゲスト・ヴォーカルが入り、Kylieの出番は2曲、他4曲は男性がヴォーカルを取っている。そのせいか泥臭さが増してマニッシュな印象が強くなったことが、バンドの新機軸。とは言っても前に書いたようにLanceはある程度フィーチャーされているらしく、ジャケットにも彼の名前は残っており、Danのクレジットはない。この辺はレコーディング時のタイムラグがあったようで、ほぼ全て録り終わってからのメンバー・チェンジらしい。
 思うに、国内ではすっかりメジャー・バンドとしてのポジションを確立してしまったBamboosが、さらなるワールドワイド戦略の一環として、万人向けのコンテンポラリー路線に移行しちゃったため、その反動で趣味性に走ったことが要因と思われる。ポピュラリティを得ることは二の次で、Bamboosではマニアック過ぎてやりづらいことをやるために拵えたプロジェクトなので、それはそれで良いことなのだけど。実際、極上のジャズ・ファンク路線は一部マニアには歓迎されていたし。

 そんな路線変更の最中での、この降って湧いたかのような「This Girl」大ヒットである。正直、Bamboosよりも売れてしまったがため、今後は大幅な軌道修正も考えられる。バンドの今後の方向性の道筋をつけ、地道なジャズ&ブルース・バンドとして独り立ちできるようになった頃合いを見て手を引き、Bamboosでのグローバル展開を目論んでいたはずのLance。レーベル・オーナーとしては喜ぶべきことだけど、やっぱ複雑だよね、ミュージシャンとしては。
 俺的にはジャズ・ファンク、男性ヴォーカルよりむしろ女性ヴォーカルの方が好みなので、今後あり得る路線変更には期待したいところ。ただ、これってあくまでまぐれ当たりみたいなものだから、あんまりクラブ・シーンに接近し過ぎないでね。基本のバンド・サウンドあっての大ヒットなんだから。あまりEDM/トランス寄りになっちゃうのも考えものだから。


Blind Bet
Blind Bet
posted with amazlet at 16.11.18
Cookin' On 3 Burners
Freestyle (2014-06-24)
売り上げランキング: 541,651



1. Skeletor
 ライブのオープニングを思わせる、シンプルなインスト・ナンバー。名刺代わりのような3分間。それぞれのソロをフィーチャーするのは定番。ベースレスでここまで思いグルーヴを出せるのは、やはりバンドのボトムがしっかりしているから。

2. Flat On My Back (feat. Tex Perkins)
 ディープ・サウスを思わせるフレーズに続き、泥臭いダミ声を聴かせるのは、オーストラリアのブルース・バンドDark Horsesのリーダー兼ヴォーカルのTex Perkins。80年代初頭から活動している人で芸歴は長い。声質からもっと年配のブルース・マンかと思ってたけど、写真を見るとバブル臭の残るアラフィフ白人だった。

Cookin-on-3-Burners-with-Kylie-Auldist-and-Tex-Perkins-2014-186

3. You Got The Better Of Me (feat. Jason Heerah)
 初期モータウンを思わせるポップ・ソウル・チューンでヴォーカルを取るのは、オーストラリアのヴィンテージ・ソウル・グループElectric EmpireのJason Heerah。ハッピーな気持ちにさせてしまう歌声は、ついつい口ずさんでしまいたくなり、体も反応してしまう。Electric Empire自体はもう少し70年代ニュー・ソウルっぽさも加味したモダンなサウンドなので、こちらもオススメ。

Jason-Heerah-e1414663496216-620x400

4. Losin' Streak (feat. Daniel Merriweather)
 ホーンが入ったりしてサウンドが分厚くなる。そのElectric Empireっぽさが出た洗練されたサウンドでヴォーカルを取るのは、ソロ・シンガーDaniel Merriweather。2009年にはMark Ronsonプロデュースでアルバム・リリース、UK最高2位まで入る大ヒットを記録したのに、その後はなぜか活動が停滞、もっぱらレコーディング主体の活動を続けている。
 34歳という若さもあって声に張りがあり、ここまで出てきた男性ヴォーカリスト3人の中では最もサウンドにフィットしている。どっぷりブルースより、このくらいのライト・ファンクが彼らには合っている。

maxresdefault (1)

5. Blind Bet
 再びインスト・ナンバー。なぜかリズムが人力グラウンド・ビート。そこにハモンドとシンセ音源のストリングスが絡む、ちょっぴり実験的なナンバー。後半のギター・サイケ的なサウンドは80年代を想起させる。

6. Last Man Standing (feat. Harry Angus)
 感傷的なソウル・バラードでヴォーカルを取るのは、またまたオーストラリア、ミクスチャー・ロック・バンドCat EmpireのHarry Angus。歌メロがはっきりしたマイナー・チューンは、大抵の日本人の心の琴線を揺さぶる。バンドはあまり前面に出ていないけど、ホーンのスタックスっぽさは絶品。

805878-harry-angus

7. The Spanish Job
 100人中99人がVenturesを連想してしまう、ストレートなサーフ・ロック。俺より上の世代なら、グループ・サウンズを思い出すかもしれない。日本人のDNAに刷り込まれてしまった、多分下の世代でも同じことを思ってしまうナンバー。

8. Chew You Up (feat. Kylie Auldist)
 やっとここで定番のKylie登場。もはや勝手知ったる固定メンバーでのセッションのため、安心して聴いていられる。盤石のドラム・ビートと安定のギター・リフ。ヴォーカルを引き立てるためのオカズ。あうんの呼吸で繰り出されるプレイに応じる、いつものディーヴァ振り。
 そこに冒険はない。けれど、これ以上足すことも引くこともない、熟成されたサウンドの結晶が、ここにはある。



9. The Vanished
 ギターをメインとした、人力グラウンド・ビートをバックに従えたメロウ・インスト。こうやって聴いてると、ほんとジャズっぽさは少なくなっちゃったな。これがバンドの進化なのだろう。
 ヴォーカル抜きトラックのように聴こえるのは、気のせい?

10. Mind Made Up (feat. Kylie Auldist)
 8.同様、こちらもKylieをフィーチャーした60年代風ヴィンテージ・ソウル・ナンバー。いつもの安定感はまるでBamboosみたいだね、と言ってしまいそう。
 「This Girl」効果で味を占めたのか、それとも純粋に注目されるようになったのか、つい最近になってこの曲、フィンランドの若きリミキサー Lennoによってクラブ用リミックスを施され、コラボ・シングル化されている。俺が思ってる「クラブ・リミックス」的に、ここではKUNGSよりもっとカット・アップしりエフェクトを大胆にかけたりなど、原曲をあくまで素材として扱い、Lenno オリジナルの作品として仕上げられている。
 でも、それが好きかどうかはまた別。あまりにダンス・チューン寄りになってしまったトラックは、日本ではちょっと馴染みづらく、「This Girl」ほどは受け入れられないんじゃないかと思われる。
 この方向性は、「あ、やっちまったな」といった印象。



11. Of Dice & Men
 この手のバンドの定番、ラストはエピローグ的なインスト。ショウはもう終わり。かすかな余韻を残しつつ、ヴォーカルはとっとと舞台袖へ。8割がたの満足感を得て、バンドはステージを降りる。
 そうそういつも完全燃焼ばかりしていられない。ツアーはまだまだ続くのだ。



This Girl (Kungs Vs. Cookin' On 3 Burners)
Universal Music LLC (2016-10-21)
売り上げランキング: 10,421
Mind Made Up (feat. Kylie Auldist) [Lenno vs. Cookin' On 3 Burners] [Club Mix]
WM Australia (2016-10-07)
売り上げランキング: 111,163

世界のジャズ・ファンク・バンド巡り:オーストラリア編 - Cookin' On 3 Burners 『Soul Messin'』

folder 2009年リリース、地元オーストラリアを拠点に活動するジャズ・ファンク・バンドされたCookin' On 3 Burners 2枚目のアルバム。今年に入ってから久しぶりに3枚目のアルバムがリリースされており、地道にコンスタントな活動を続けているのだけど、多くのジャズ・ファンク・バンド同様、哀しいことに日本ではごく限られた情報しか入ってこない。
 
 一言で『ジャズ・ファンク』と言っても、広義の意味で捉えると、古くはHerbie HancockやJimmy Smithまで括りに入れなければならないのだけど、山崎ハコをJポップと称するくらい無理があるので、一般的には大ざっぱに年代で区切って、『現代ジャズ・ファンク』と定義されているようである。
 「音楽にジャンル分けなんて必要ない」という意見は昔からあるけど、それこそ情報が限られていた昔の話であり、現代、特にネット以前と以後では流通する情報量がまるで違う。大量の小麦の中から最良の一粒を選ぶには、やはりある程度のふるい分けは必要なのだ。
 
 現代の細分化されたジャンルの中でも、この現代ジャズ・ファンクというジャンルはファン層の薄さもあって、なかなか一般的に浸透しづらい類の音楽である。
 すっごく大きな括りでいけば「クラブ系」にも一応入るのだけど、スタンダード・ジャズやジャム・バンド的な要素の強いバンドも少なくないため、すべてがすべて、単純に踊れる曲をやってるわけではない。もう少しジャズ成分を弱めてイージー・リスニング成分を強くすれば「スムース・ジャズ」、ポップ/ソウル成分が強くなれば「アシッド・ジャズ」にもなる、結構あいまいな、はっきり言ってアバウトなジャンルでもある。Incognitoくらいまで開き直ってしまえば、売れるバンドももっと多くなるのだろうけど、あいにく大方のバンドはプレイヤー至上主義、昔のフュージョン・アーティスト的な頑固さをバンド、ファン双方にあり、従って武骨なイメージが強い。

cooking_on_3_burners_new_photo

 ジャズのテクニックとタイム感を持ったミュージシャンが、James Brownのリズムを使い、電化Milesのコンセプトで演奏したらどうなるか?と言うのが、ものすごく乱暴にまとめたコンセプトである。大抵のジャズ・ファンク・バンドは、多かれ少なかれ、この要素を持っている。なので、インスト・トラックを聴いていると、どのバンドも大きな違いは見られない。
 オルガンを前面に出したバンド、ブラス・セクションがメインのバンドなど、それぞれ趣向を変えてはいるけど、そもそものリスペクト元が同じなので、どうしても似通った感じになってしまう。だからこそ、どのバンドもアルバムに最低1~2曲、多い時は半分くらいのトラックにゲスト・ヴォーカルを入れてバラエティを持たせている。どのようなシンガーを起用するのかによって、そのバンドの個性がわかるようになっている。
 
 もともとはBamboosというバンドのギタリスト、Lance Fergusonによるサイド・プロジェクト、3ピース・バンド(ギター、オルガン、ドラム)である。このBamboosもまた、日本では馴染みの薄いディープ・ファンクというジャンルにカテゴライズされているのだけど、このBamboos、地味ではあるけど一応日本発売もされており、去年出たアルバムはディープ・ファンクの枠組みを飛び越えて、かなりコンテンポラリー寄りのポップ作品になっている。
 日増しに洗練されてゆくBamboosサウンドとのバランスを取るため、プレイヤビリティを優先して、ジャズ・ファンク要素を強めたのが、このCookin' On 3 Burnersというプロジェクトである。


Soul Messin'
Soul Messin'
posted with amazlet at 16.02.15
Cookin' On 3 Burners
Freestyle (2012-10-19)
売り上げランキング: 768,475



1. Push It Up (featuring Kylie Auldist)
 そのBamboosの女性シンガーがヴォーカルを取る1曲目。本家ではもう少しムーディーなソウルっぽい歌い方だけど、ここではバンドに煽られて、ファンク・ディーヴァならではのフェイクも聴かせている。あっという間、疾風怒濤のように駆け巡る3分間。
 アルバム、そしてバンド・コンセプトの紹介としては最高のリード・トラック。PVも一応制作されているのだけれど、画質もアングルも悪く、ほんとホーム・ビデオ並み、記録として一応撮っておきました感が強い。歌も演奏も確かによいのだけれど、なんでこんな、ホーム・パーティーのガレージ裏みたいなところで録ったモノを、わざわざ全世界に公開しているのだろう。DIY感を狙っているとすれば、どこかズレていると思う。

 
 
2. Four N Twenty

3. Tokyo Saucer
 
4. Dog Wash
 
5. This Girl (featuring Kylie Auldist)
 こちらは本家Bamboosを思わせる、ちょっと懐かしめのソウル・ナンバー。アトランティック期のAretha Franklinのアルバム中の1曲といった趣き。1.ではバンドとヴォーカルとの一騎打ちバトルが展開されていたけど、ここではムードが一転、Kylieのヴォーカルに寄り添うようなバッキングとなっている。
 オーストラリアのジャズ・ファンク周辺では、かなりの有名人であるKylie。彼らだけでなく、その歌声を求めてゲストに招くバンドは多い。あらゆるジャンルに瞬時にかつ適切に対応できる人なので、それだけ需要が多いのだろう。
 そんな多忙にもかかわらずコンスタントにソロ・アルバムもリリースしているので、興味のある人は是非。ファンクを抑えてトップ40を意識したようなサウンドは、80年代のAlison Moyetを連想させる。

 
 
6. Hole in My Pocket (featuring Fallon Williams)
 こちらもディープ・ファンク・スタイルのナンバー。Metersあたりをモチーフとした泥臭いナンバー。ダミ声のヴォーカルがクセになるのだけど、この人がどんな経歴なのかを検索してみても、ヒットして来なかった。有名なのか無名なのかもよくわからないけど、それなりの実力の人なのだろう。やっぱりオーストラリアはよくわからん。
 
7. Cars
 
8. Goose It Up
 
9. Piranha

bwcotb

10. Seen Through Your Disguise (featuring Fallon Williams)
 アメリカのディープ・サウスっぽいナンバー。3ピース・オルガン・トリオの弱点として、ベースの不在による低音部の足腰の弱さが普通挙げられるけど、そこはさすがに手練れのバンド、どの曲もリズムのボトムがしっかりしており、脆弱さは感じられない。もう少しホーンを目立たせても良かったんじゃね?と思うのは、贅沢な要望か。
 
11. Soul Messin
 インストのタイトル・ナンバー。オルガンのJake Masonの真骨頂が発揮されている。このJakeも様々なプロジェクトに顔を出している人であり。プロデューサーなどで結構多忙なため、Cookin' On 3 Burnersに専念する時間がなかなか取れないこともまた、イマイチブレイクできない要因となっている。ま、多分息抜きのプロジェクトなので、そこまで深刻には思ってはいないと思うけど。
 
12. The Proving Grounds



Black Feeling Volume 2
Black Feeling Volume 2
posted with amazlet at 16.02.15
Black Feeling
Freestyle (2011-07-12)
売り上げランキング: 369,710
Black Feeling
Black Feeling
posted with amazlet at 16.02.15
Bamboos
Freestyle (2007-09-25)
売り上げランキング: 212,845
カテゴリー
記事検索
Twitter
北海道の中途半端な田舎に住む、そろそろアラフィフ男。ほぼ週1のペースで音楽ブログ更新中。節操ない聴き方と思われてるけど、自分の中では一貫してるつもり。 最近は蔵書の整理がてら、古い本を再読中。ジョン・アーヴィングから始まって、フィッツジェラルドやゾラ、モームなど、いわゆる古典の復習中。いつになったら終わることやら。新刊読めねぇや。
最新コメント

音楽 ブログランキングへ


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: