ストリート・スライダーズ

好きなアルバムを自分勝手にダラダラ語る、そういったゆるいコンセプトのブログです。

80年代ソニー・アーティスト列伝 その1 - ストリート・スライダーズ『天使たち』

1200x1200-75 多分、今の人はあまり知らないだろうけど、80年代のソニー(現SME)はCBSとエピック、2つのレコード会社に分かれていた。
 同じ企業グループでわざわざ別会社にしているくらいだから、一応それぞれに特色があり、1968年に設立されたCBSは、山口百恵や松田聖子などのアイドル歌謡曲から、大滝詠一や尾崎豊などのポップ/ニュー・ミュージック系まで、比較的ソフト・サウンディングの広い範囲の音楽をカバーしていた。
 で、1978年にCBS内レーベルから独立分社化したエピックは、CBSでフォローしていないジャンル、ロックやニュー・ウェイヴ系などを主に取り扱っていた。初期の代表的アーティストとしては、佐野元春や一風堂、シャネルズなんかが有名どころ。まぁクセの強いメンツである。

 で、今回のストリート・スライダーズ、知ってる人なら予想はつくと思うけど、もちろんエピックのアーティストである。CBSアーティストのようなキラキラ感は、あるわけない。そういったポジションのアーティストではないのだ。
 ていうか、実は彼ら、特別エピックを象徴するアーティストでもない。そういったカテゴライズを拒否した、ある意味オンリー・ワン、孤高の存在的なバンドなのだけど、シリーズ一発目はどうしても彼らを取り上げたかったので、ここで紹介。

300c97a3

 彼らのサウンドの特徴をあらわす例えとして、「Rolling Stonesと村八分の融合」という表現が用いられることが多い。ワイルドでシンプルなロックン・ロールという点において、Stonesとリンクする部分は多いけど、そのフォロワー的バンドである村八分を引き合いに出すのは、昔からちょっと疑問に思っていた。
 デビュー当初に醸し出していた、ネガティヴな暴力性とミステリアスなバンド・イメージ、ステージや取材で露骨に見せる不遜な態度が、往年の70年代ロック・バンド的イメージと相まって、ひと括りに捉えられたのだろうけど、実際に音源を比較してみると、双方の違いは歴然としている。
 シンプルなテンポと、ドライブするツイン・ギター・アンサンブルを中心としたロックン・ロールがベースとなっているのは同じだけど、アングラの臭いを引きずった村八分が、スキャンダラスな歌詞世界と破綻寸前の演奏、ヴォーカルのチャー坊の強烈なパーソナリティがセールス・ポイントだったのに対し、スライダーズも同じく、暴力的な歌詞やタイトルのインパクトは強かったものの、演奏はあくまでクレバーで、飛び道具に頼ったステージングではない。むしろライブ・パフォーマンスは淡々としており、一見熱いライブに見えても、ヴォーカルのハリーを始め、メンバーのプレイはいつもどこか冷めきった印象が強い。
 パフォーマンス的な部分を強調することによって、その存在だけは日本のロック史に残っているけど、バンド存命中は遂にまともなスタジオ録音アルバムや代表曲を残せなかった村八分。この違いはいろいろあるのだろうけど、一番大きいのは「バンド」として機能しているかどうか。スライダーズの場合、ヴォーカル兼サイド・ギターのハリーと、メイン・ギターの蘭丸が2トップで目立ってはいたけれど、バンドの屋台骨であるリズム・セクション、ズズ(dr)とジェームス(b)の存在が大きかったため、ライブが収拾不可能になることはなかった。
 「ロック」をやりたいのか、それとも「ライブ」をやりたいのか、の違いである。

4ee63d7b

 スタートはこの手のロック・バンド同様、彼らもまた手本としていたのは、『Let it Bleed』以降、Bryan Jonesが事実上脱退してからのStonesだったけど、アルバム・リリースとライブを重ねるにつれて、ガチャガチャしたバンド・アンサンブルが次第に整理され、曲調のバリエーションも増えてゆく。これはバンド自体の演奏力の進化の賜物でもあるし、また、それに伴うハリーのソング・ライティング・スキルの進化とも直結する。
 で、これまでのステージから一気に飛躍しようと思い立ったのは、エピックからの要請だったのか、それともバンド自身が変化を望む時期に差し掛かっていたのか―。
 前作『夢遊病』が比較的好セールスを記録したこともあって、レコーディング予算がアップ、エピック側のコーディネートによって、これまでとは違って、ミュージシャン畑のプロデューサーがつくことになる。

 ブレイク寸前のBOOWYから近年の早川義夫まで、ジャンルに関係なく幅広いアーティストを手がけていた佐久間正英、四人囃子〜プラスチックスを経て、こちらもかなりクセのある人である。自らも現役ミュージシャンという強みを活かして、サウンド・メイキングが未熟なバンドに対し、かなり具体的かつテクニカルなアドバイスができるため、現場の評判も良かった。それでいてきちんとセールスに繋げることもできるため、レコード会社的にも重宝されていた。

 当時のスライダーズのレコーディングといえば、ほぼスタジオ一発録り、細かなミックスやエフェクトにこだわることは、彼らの美学が許さなかった。
 なので、この佐久間の起用によって、『夢遊病』から実験的に導入されていたゴシック要素にプラスして、リアルタイムのニュー・ウェイヴのノウハウがもたらされ、サウンドは明らかに変化している。
 基本はこれまで同様、Stonesフォーマットのルーズなロックンロールながらも、深いゲート・リバーヴや、強力にイコライジングされて歪んだ音色のギター・サウンドなど、UKニュー・ウェイヴ、特に4AD系のエッセンスを積極的に導入している。
 ありそうでなかったStonesとBauhausとの奇跡的な融合は、これまでスライダーズに興味がなかった層にもアピールしたため、潜在的なファンの掘り起こしに貢献した。

4493c0fc

 この『天使たち』のサウンドが、ほんとにバンドの望む方向性だったのか、それは神のみぞ知るところだけど、それまでレコーディング自体にさほど興味がなかったハリーがその後、ギター+ベース+ドラムの基本編成だけでなく、ブラスやシンセなど、他のアイテムにも興味を持つようになったことは、バンドにとっては一つの進化である。
 その変容はとどまることを知らず、Sex & Drug & Rock'n' Rollのトライアングルで円環していた歌詞の世界観が広がりを見せ、次のアルバム『Bad Influence』収録「風が強い日」で見事結実する。

 佐久間によるスライダーズのコンテンポラリー化は、新規ファンの獲得と、バンドのメジャー契約継続によって、その後のバンド運営に明確な道筋をつけた。
 ハデなエフェクトやスッキリしたサウンド・プロダクションによって、外面的な変化はあったけど、根幹の部分は何も変わってない。ハリーはいつも通りのマイペース、バンドを壊さない程度に新味を持ち込む蘭丸、いつも無言ながらも重厚な存在感でリズムを支えるズズとジェームス。
 とは言っても、古参ファンの中ではこのアルバム、結構賛否両論だったらしく、従来通りのルーズなロックンロールを求めていた者は、ここから離れてしまうケースも多かった。
 ただ、そこの部分だけを大事にしていても、前に進むことはできない。
 「ロックンロールは進化できるものだ」と、かつてKeith Richardsは言った。
 ロックする事は誰でもできるけど、ロールすること、転がり続けて行くためには、何かを捨てることも必要なのだ。


天使たち
天使たち
posted with amazlet at 16.02.16
THE STREET SLIDERS
エピックレコードジャパン (1995-04-01)
売り上げランキング: 116,404




1. Boys Jump The Midnight
 冒頭の、何か得体の知れない不穏を想起させるハリーのギター・ソロ。けれど曲が始まると、ノリの良いいつものゴキゲンなロックンロールだった。これを、あの夜ヒットで演奏したのをリアルタイムで見たのだけれど、そのまぁカッコイイこと。
 バンドとしての代表曲だけあって、いろいろと映像が残っている。カラオケにも入っているので、認知度は一番高い。
 初期のファンほど、この曲に拒否感を示す。特に『がんじがらめ』あたりまで残っていた倦怠感、デカダンな雰囲気が薄れ、あっけらかんとしたロックンロールになっているのが気に食わないのだろう。
 ―いいから聴けよ。
 単純にゴキゲンなロックン・ロールの何が悪い。シンプルなものほど、人にはダイレクトに届きやすいのだ。



2. スペシャル・ウーマン
 重いベースと、ゲート・エコーをバリバリ効かせたリズム・セクションががんばっているナンバー。スライダーズはリズムがしっかりしているのがデビュー当時より定評があり、よってこの曲もリズムが立っており、イイ感じのダンス・チューンになっている。
 Stonesだって"Miss You"など、思いっきりディスコ・サウンドへ振り切った曲もあるけど、ロック・バンドのダンス・チューンとしては、日本のスライダーズの方が有能。佐久間がブラス・セクションで彩りを添えているけど、サウンド自体は盤石でビクともしない。それだけ曲・アレンジのベースがしっかりしているということ。



3. Back To Back
 こちらも基本はロックンロールながら、リズム・セクションがノリノリのため、良質のダンス・チューンになっちゃっている。このアルバムでの蘭丸のギター・プレイは、多分この曲が一番冴えわたっているんじゃないかと思われるけど、あの印象的なリフ中心のハリーのプレイもなかなか。ていうか、なんだ全部いいじゃねぇか。
 この当時隆盛だった12インチ・シングル・ヴァージョンもリリースされているのだけど、冒頭のギター・リフが左右にパンされており、いかにもダンス・ミックスっぽくなっているのだけど、躍動感はオリジナルの方が強い。いや、それだけ良くできてるんだって。



4. 蜃気楼
 アクセントで入ってるアコギの使い方は、やっぱりStonesっぽく聴こえてしまう。スライダーズとしてはマイナー調のメロディが引き立っている曲で、ちょっと気を抜くとフォークっぽくなってしまうのだけど、ハリーの吐き捨てるようでいて丁寧なヴォーカル、それにしっとりしそうな曲でも全力でプレイするリズム・セクションが作用して、きちんとロックになっている。
 でもあれだよな、敢えて言っちゃうと、ちょっとギターがクリア過ぎ。音の分離が良すぎてロックを感じなくなった、というのも、初期のファンが離れちゃった要因なんだろうな。

5. VELVET SKY
 サビのメタル・パーカッションがプログレっぽく聴こえてしまうのは、やはりプロデューサー佐久間だからか。初期の退廃さを想起させる曲だけど、やはり演奏力・表現力も向上によって、ベーシックなロックンロールからの進化が見えてくる。

6. Angel Duster
 1.同様、これが起爆剤となって一気にファン層が広がった。俺もこの曲で初めてスライダーズを知った、自分的にも大事な曲。
 ロックというのがノリが良いモノだけじゃないこと、単に気持ちイイことだけがロックじゃなく、時には自ら傷を負うことも必要であることを、この曲から学んだ。
 ギターの音色はこれが一番エフェクトを強くかけており、アラビックな響きのサウンドはニュー・ウェイヴというフィルターを通過して、オンリー・ワンの響きになっている。



7. Bun Bun
 ここらで息抜きなのか、思いっきり意表をついて、どシンプルなロックンロール。似たような曲、RCもやってたよな。こういったブルース経由のロックンロール、もとはもちろんChack Berryなのだけど、シンプルだからこそバンド自体の技量が問われる曲でもある。

8. Lay down the city
 蘭丸のヴォーカルによる、こちらもちょっと息抜き的なナンバー。まぁギタリストが余技で歌いそうな曲なので、あまり厳しいことは言えないけど、たまにはこんなのもいいんじゃね?的な曲と思ってもらえればよろしい。

9. Shake My Head
 ギターの音色は思いっきりXTCなので、これは佐久間か蘭丸が持ち込んできたと思われる。ハリーもXTCなんか聴くのかな?まぁ誰かが聴いてるのを耳にはしてるだろうけど。
 こういったダウン・トゥ・アース的なブルース丸出しの曲に、このギター・サウンドは結構発明なんじゃないかと思うのだけど、多分、海外の誰かがやってるのかな?

728688

10. Up & Down Baby
 またまた蘭丸ヴォーカルのナンバー。当時の彼はほんと中性的なルックスで、ある意味スライダーズのビジュアル面を大きく担っていたため、営業政策上、彼メインの曲もいくつかは必要だった。ギタリストゆえ、どうしてもなんちゃってヴォーカルになってしまうのだけど、彼目当ての女性ファンが多かったため、これはこれでよかったのだろう。

11. NO DOWN
 再びハリー登場。このギターもかなり音色をいじっているのだけど、これはこれでハリーも気に入っているよう。シンプルな構造のロックンロールなので、ちょっとやそっとのエフェクトでは曲は壊れない。
 実はメロディはかなりポップで、コード進行にはBeatlesの影響も垣間見える。そりゃそうだよな、何が何でもStones一筋ってわけじゃないだろうし。

12. Party Is Over
 これって思いっきり”Street Fighting Man”だったことを、今回久しぶりに聴き返してみて初めて気づいた。モロだよな、これ。
 パクリと言いたいのではなく、「うまく消化してるんだな」という優しい目線である。

600x570-2015072700248

13. 嵐のあと
 後の"風が強い日"の前哨戦とも言える、かなり身に詰まされた情緒的な歌詞が印象的。でもハリーのキャラクターなのか、どれだけウェットに傾いても、発せられる言葉はとてもドライに聴こえてしまう。




 スライダーズ解散後、ソロとしてマイペースな活動振りのハリー、もともとプロモーション的な活動には消極的で、今もそれはあまり変わっていない。
 一応オフィシャル・サイトもあるのだけど、何しろ本人からの情報がかなり少ないので、ほんと簡素なインフォメーションくらいしかネタのない状態が続いている。
 -でも俺は俺で、どうにかやってるぜベイビー。
 そう言いながら飄々と生きる、ハリーの生き方もまた、憧れの人生のひとつである。



SLIDERS Collection BOX
SLIDERS Collection BOX
posted with amazlet at 16.02.16
ストリート・スライダーズ
Sony Music Direct (2008-03-26)
売り上げランキング: 440,222
摩天楼のダンス天国 [DVD]
エピックレコードジャパン (2003-12-17)
売り上げランキング: 31,310

この頃から動じなかった、ハリーの唯我独尊ぶり - ストリート・スライダーズ 『Bad Influence』

133000363885513113353_ssbi_20120223222718 1987年リリース7枚目のアルバム。好セールスを記録した前作『天使たち』の勢いもあってオリコン初登場3位という、愛想もキャッチーさもないバンドにしてはかなりの好成績を収めた。ライブ中MCもなく、唯一最後にサンキュー、アンコールはなし。いま思えば相当の大物である。

 1987年といえば、レコードとCDとの出荷数がイーブンになった頃、なので音楽業界全体がメディアの世代交代の波に乗って、活況を呈していた。それと並行して、インディーズ・シーンで活動していたアーティストらが徐々に頭角を現してきており、ロキノンやパチパチを筆頭とした雑誌メディアも尻馬に乗って部数を増やしていた。
 空前のバンド・ブームが本格化するのはもう少し後なのだけど、この頃からライブハウスでの青田買いが始まり、ほぼ下積みも無しでいきなりデビューするバンドが相次いだ。その中には今でも第一線で活躍している者もいるけど、その他大多数は時代の徒花、アマチュアに毛が生えた程度の連中も少なくなかった。
 なので、大方の泡沫バンドは青春の1ページに黒歴史を残して時代に埋もれていった。

 実際にインディーズ・シーンを盛り上げたのは、宝島周辺のキャプテンやナゴム所属のアーティストが主だったのだけど、その現象をうまく商売に転化し、利益を生むシステムを作り上げたのがソニーである。80年代初頭から独自に行なっていたSDオーディションの開催によって、バンド・ブームの牽引役となるアーティストらを囲い込み育成し、来るべきブームに備えて下地作りを行なっていたのは、慧眼だったのか、それとも単なる偶然だったのか。どちらにしろ、当時のソニー・スタッフがめちゃめちゃ有能だったことに違いはない。

a0075051_23404761

 で、その本格的なブーム到来前から着実にファン層を広げていたスライダーズ、基本はStonesフォロワー的なステレオタイプのブルース・ロックだったのだけど、外部から招聘したプロデューサー佐久間正英によって、「スライダーズ・メジャー化計画」が行なわれていた。
 ベーシックなサウンドは残しながらも、DX7系のキラキラエフェクトやブラス・セクションを導入して、ライト・ユーザーの獲得を図った。素材剥き出しの無骨なサウンドを壊さない程度にマイルドなデコレーションを施し、「ちょっとワルでルーズなロックンロール・バンド像」というのは、バンド側としては本意じゃなかったかもしれないけど、甘いポップ・ロックに飽きた層には充分アピールできたんじゃないかと思う。

 サウンド面のイニシアチブを握るのは、多くの曲を書き、ヴォーカルも務めるハリーなのだけど、このアルバムではもう1人のギター担当である蘭丸の発言力が増している。佐久間のサウンド・デザインを積極的に吸収し、バンド・サウンドをその方向へ導いていったのは、彼の貢献が大きい。これまで消極的だった異ジャンルの導入、特にファンク・テイストのサウンドなんかは、蘭丸がいなければありえなかったわけで。
 当然ハリーはその辺無関心を装ってたのだけど、まぁ不貞腐れた顔をしながら「オーライベイベェ」なんて調子で、バンド・サウンドの活性化に付き合ったんじゃないかと思われる。リズム隊はまぁいつも通り。

hqdefault

 そういったスライダーズのメジャー化は、デビュー当時からの古いファンには迎合路線と映り、賛否両論分かれたのだけど、サウンドのルーティン化を回避するためには、新しい血の導入は必然だったというのが、俺の見解。
 どのバンドでもそうだけど、ファンのニーズに応えることが使命感となって、拡大再生産のループにはまってしまうと、マンネリの末のいがみ合いか懐メロ化に陥ってしまう。
 どうしても彼ら、「和製ストーンズ」という枕詞で形容されがちだけど、和製ストーンズと称されたバンドはこれまでも多々あったわけで、しかもそのほとんどは短命である。イメージが固定化されてしまうと、柔軟な変化に対応できないのだ。
 で、そんなバンドの総本山であるStonesもまた、ただバカ正直に古典ブルースばかりやってたわけではなく、節目ごとに新メンバーの入れ替えやらファンクに傾倒したりディスコまがいの曲をやったり、オーバー・プロデュースとも言えるEDMバリバリのサウンドにまで手をつけた挙句、今世紀に入ってからやっと落ち着いたのか、原点回帰的なシンプルなロックンロールに帰属した次第。

 そもそもハリー自身はメジャー・デビューそのものに難色を示しており、「いつもの感じでいつものように、それでオッケーさベイベェ」って心の中で思いながら、マイペースなライブ活動さえ続けられればそれでよかったのだろうけど、SDオーディションへの出場を説得した蘭丸からすれば、それだけでは満足できなかったのだろう。
 その後のキャリアを見てもわかるように、「ラブラブあいしてる」から麗蘭まで、幅広いバイタリティーの持ち主である蘭丸、一番初めの課外活動が甲斐よしひろのソロ・プロジェクトであったように、何がなんでもロックンロールの人ではない。外の世界を見ることによって、中にいては見えてこないものも見えてくるはず。

img_0

 で、そんな蘭丸を傍目で見て、ハリー自身にも心境の変化があったのか、それとも前から漠然と思ってはいたのか。
 この時代から、ハリーの書く詞の世界観が大きく広がりを見せることになる。
 まぁベーシックなロックンロールの基本フォーマットである、酒だ女だ暴力ばかりではネタも尽きるだろうし、違ったテーマを取り上げてみたくもなる。長く続けることによって、初めて見えてくることもあるのだ。
 ソニー系アーティストをわかりやすく皮肉った”Easy Action”や、シンプルに削ぎ落とされた言葉ながら、予想以上に詩情あふれる”風が強い日”など、ロックンロールにしては文学性の強い歌詞は、特に理屈っぽいロキノン周辺で絶賛された。ただのStonesのパクりじゃないことを表明した、真にオリジナルの傑作である。
 「シンプルなロックンロールをどう発展させてゆくのか」。
 Keith Richardsの名言だけど、それをすでに日本のロックンロール・バンドが実践していたのだ。

 ほんとはここからツアーも始まるはずだったのだけど、ズズの負傷によって予定がすべて白紙となり、スライダーズは活動休止を余儀なくされる。
 もしこのままツアーを行なってアルバム製作に入ったら、バンドのキャラクターからして、サイケデリック・ポップ寄りのサウンドに振り切れちゃうこともありえたかもしれない。そのテンションを鎮めるためなのか、ハリーと蘭丸はユニットJoy-Popsにて、スライダーズとはちょっと違ったアプローチのシングルを制作、うまくガス抜きが行なわれた。
不意のアクシデントが彼らにとってのクール・ダウンとなってリフレッシュできたため、その後の方向性がブレずに済んだことは、バンドとしても良い結果になった。


BAD INFLUENCE
BAD INFLUENCE
posted with amazlet at 16.02.16
ストリート・スライダーズ
エピックレコードジャパン (1995-04-01)
売り上げランキング: 310,997




1. ダイヤモンドをおくれよ
 ルーズなテンポのロックンロールからスタート。

  ダイヤモンドをおくれよ オレたちに
  くだけちった 昨日 引きかえに

 ライブ・ヴァージョンはスタジオよりテンポが速く、こちらの方が俺は好み。いつも思うことだけど、蘭丸、あんまり歌わない方がいいと思う。

2. ドント・ウォナ・ミス・ユー
 心なしかポジティヴなテイストのロックンロール。何しろハリーの声が明るい。サビでのハネ具合もちょっとカワイイ。

DontStopTheBeat

3. イージー・アクション
 先行シングル・カットされた、話題作であり問題作。当時ブームとなったカリスマ系アーティストを思いっきりおちょくった歌詞が、ごく一部で物議を醸した。モデルとなったのが大友康平やら尾崎豊やらと言われているが、真偽は今も不明。
 とにかくどのフレーズも皮肉が効いてて、抜粋するのも難しいくらいだけど、ほんの一部だけ。ここが一番好き。

  世界を変えるなんて できない相談だぜ
  いつもトビキリ Rock’n’ Roll
  オレたちゃこれだけ

  鼻歌で Easy Action
  横目で Bye Bye
  悪いけど Easy Action
  かまわず やらせてもらうぜ

 スライダーズのPVはシンプルだけど珍しいアプローチのものも多く、特にこれは異色。ロック・バンドなのに演奏せず、ただスタジオ内でダベりながら飲んでるだけ。でも、それが普段着っぽくて良い。ハリーと蘭丸が談笑してる様、ジェームスが氣志團っぽい扮装でいるのを楽しむのも一興。



4. ベイビー、途方に暮れてるのさ
 本格的なレゲエ・ナンバー。当時の日本のロック・アーティストで、ここまで本格的なレゲエ・ビートを使ったバンドはあまりいなかった。モッズがちょっとやってたくらいで、メジャー・アーティストではほぼ皆無だったはず。この辺はClashの影響も多分ある。
 享楽的なカリビアン・レゲエではなく、陰鬱としたムード漂うジャマイカン・レゲエになっているのは、やはり硬派なロック・バンド。なので、歌詞も重く澱んでいる。
 突き抜ける空は青いはずなのに、ここだけはどんより雲が下りている。

5. 道
 気怠さの漂うダウナーなミドル・ナンバー。タイトル同様、一歩間違えれば演歌のようなメロディ・ラインが情緒的だけど、そこは80年代ソニー・サウンドのプロダクションによるクリアな音質がウェットさを和らげている。
 聴いていると、いつもジャックスを連想してしまう。彼らがハードなギターとリズムを手に入れたら、こんなサウンドを創っていたのかもしれない。

6. サンシャイン・アイ・エンジェル
 60年代UKサイケデリックを思わせる、蘭丸のソロ・ナンバー。賛否両論あるだろうけど、俺的には彼のソロ・ヴォーカルに興味はない。だって、甘いんだもん。

easyaction-305x305

7. ホールド・オン
 ソリッドで疾走感あふれるノリのよいロックンロール。キャッチーでありながら危うさも持ち合わせた、Stonesのエッセンスをうまく日本的にアレンジできたナンバー。スライダーズのパブリック・イメージをいい意味で凝縮しているので、ファンの間でも人気に高かった曲。Youtubeで見た、この曲から”Boys Junp the Midnight“へ繋がる流れには、鳥肌が立ってしまう。

8. Hyena
 アルバムも後半だというのに、アッパーなナンバーが続く。もっと曲順を前に置いてもよかったんじゃないかと思われるけど、まぁ今さら大きなお世話か。

9. ドント・ストップ・ザ・ビート
 ミドル・テンポのファンク・テイストなポップ・ナンバー。パワー・ポップなサウンドは大抵、もっと鍵盤系やブラス系やらを入れてゴチャゴチャし過ぎて音が汚れてしまいがちだけど、ここではリズム隊が頑張ってリードしているため、下品なひびきになっていない。サビも覚えやすいので、シングル・カットもされており、PVも作られている。相変わらずソニー系PV紹介番組『ez』の流れで制作されているため、変な方向に凝り過ぎたビジュアルになっている。ドーランを塗りたくったハリーの肌の質感が妙。



10. 風が強い日

  丘に登って 見渡していると
  ざわめいた街並 まるで嘘のようさ
  きっとみんな 自分だけの場所を
  守ることに 夢中なんだろう



 ラストを締めくくるのは、これまでの喧騒とは打って変わって、穏やかなスライドの調べ。ベース・ラインも丁寧にリズムを運ぶ。ハリーは相変わらずの酒灼けの喉だけど、なんかそれさえも緩やかな流れに乗って心地よく聴こえる。
 こういった世界観もありなんだな、とスライダーズに対して見方が変わってしまった、今でも大事に歌われているナンバー。




ホット・メニュー ~ベスト・オブ・ストリート・スライダーズ
THE STREET SLIDERS
エピックレコードジャパン (1998-04-01)
売り上げランキング: 64,848
摩天楼のダンス天国 [DVD]
エピックレコードジャパン (2003-12-17)
売り上げランキング: 31,310
カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
Twitter
北海道の中途半端な田舎に住む、そろそろアラフィフ男。ほぼ週1のペースで音楽ブログ更新中。節操ない聴き方と思われてるけど、自分の中では一貫してるつもり。 最近は蔵書の整理がてら、古い本を再読中。ジョン・アーヴィングから始まって、フィッツジェラルドやゾラ、モームなど、いわゆる古典の復習中。いつになったら終わることやら。新刊読めねぇや。
最新コメント

音楽 ブログランキングへ


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: