好きなアルバムを自分勝手にダラダラ語る、そんなユルいコンセプトのブログです。

#Vocal

心臓を鷲掴みする声、最後の歌たち - Amy Winehouse 『Lioness Hidden Treasures』

folder
 2011年リリース、生涯で2枚のオリジナル・アルバムしか残せなかったAmy Winehouse、死後に出された追悼アルバム。多分、これからも何年かごとに発掘音源がまとめられるのだろうけど、とりあえず最初のお蔵出し。デビュー前の音源から最後のTonyとのデュエットまで、敢えて時系列はバラバラに構成されている。もともと活動期間自体が短いので、その辺の違和感はほとんどない。
 データだけ見ると寄せ集め感満載であり、アルバムの性質上、統一されたコンセプトはないのだけど、彼女の個性的なヴォーカルによって不思議と統一感が生まれ、サウンドのニュアンスの違いはほとんど気にならない。
 
 とにかく突っ込みどころの多い女である。絵にかいたようなアバズレというか、あまりにも類型的なビッチっぽいルックスのため、どうしてもパパラッチの餌食になりやすい女でもある。なのに、そんな自分を曲げようともしない。もう少し、品行方正とまでは行かないにしても、うまい魅せ方ややり方だってあったはずだし、多分周囲のスタッフも口を酸っぱくして身辺に気を付けるよう助言していたはずだけど、最後まで変わることはなかった。
 年中スピリタスとシガーとを交互にせわしなく口に運び、朦朧とした意識のままステージに上がってマイクを握る。ステージ前はあれだけボロボロだったのに、歌が始まった途端、誰もが虜になる。何だこれ、聴いたこともない。でもスゴイ。ステージでは特別なパフォーマンスはない。今どきの女性シンガーなら複雑なダンスや振り付けも当たり前だけど、彼女はただ歌うだけ。たまに体を揺らしてステップらしきものを踏むこともあるけど、振りというほどのものではない。ていうか、歌だけで充分観衆の視線を釘付けにできる。そんな自信に満ちあふれたパフォーマンスだ。オフステージではあれほど破天荒な所業を繰り広げたというのに、ステージ上では真摯に歌うことに全霊を傾けていた。そう、末期をのぞいては。

1ce1e711

 デビュー前後はメジャー・シーン進出にあたって、多少は畏まった部分もあった。今ではトップ・プロデューサーのMark Ronson主導で作られたトラック、それはちょっとダルだけど基本はヒット・パターンに則った、今どきのヒット・ソングだった。実際ヒットもしたし、おかげでAmyのキャラも浸透した。
 いい事ばかりあるわけじゃない。自分ではごく普通のつもりなのに、どこか人に映る印象は違う。自分はただ、かつてのBilly Holidayみたいに歌いたいだけなのに、注目されるのはビッチなファッションとビッグ・マウス。レーベルの戦略上、そういった自分を演じていた部分もあったけど、見てもらいたいのはそこじゃないのに。
 増大するセールス、それに伴って激増するプレッシャー。そして、日に日に増えゆくアルコールと紫煙。一時のストレス発散や安息に、それらは最適だ。だけど、確実に躰を蝕んでゆく。少しずつではあるけれど、パフォーマンスにズレが生じてくる。
 最初、それはごくわずかなものだ。大して気に留めるほどじゃない、自覚できてるうちは修正だって簡単だ、大丈夫、私はできる
 しかし、ズレは次第に多くなってゆく。でも次の日にはすぐ軌道修正できた。そんな深刻に受け止めなくたっていい。ていうかオーディエンスも予想外のハプニングは大歓迎だ、サプライズとして受け止めてくれる。そう、まだ私はできる
 さらにズレは大きくなる。しかもそのズレ幅は、もはや自分ではどうにもならないくらい大きくなる。最初はまっすぐだった線も、次第に蛇行してゆく。ここまでゆくと、ステージ上のサプライズは日常的になる。平穏な日常と突発的なサプライズとは相反するものであり、ただでさえ奔放だったライブ・パフォーマンスは次第に予測不可能となる。
 進行を無視したパフォーマンス、ロレツの回らない意味不明なMC、そしてバック・バンドから乖離してゆくヴォーカル―。
 終いには、歌が歌でなくなる。リズムは走るかヨタるもの、スキャットは歌詞を忘れたのを誤魔化すため、世界中のオーディエンスを魅了したハスキー・ヴォイスは、アルコールと不摂生のおかげですっかり焼け爛れてしまった。
 それでも観客のため契約消化のため、そしてかつての自分を取り戻すため、何とかステージを最後まで勤めようとする。深刻な体調不良の中、無理やり上げたテンションが続くはずもなく、結局はライブを中断、最期にはステージへ上がることすらできなくなった。死後1か月前、セルビアの野外コンサートが、彼女が公に姿を現わした最期となる。

 入念にプロデュースされたオリジナル・アルバムと性質が違い、死後4か月ほどでリリースされたこのアルバムは、モノによってはデモ・テープ・レベル、それほど大がかりなオーバーダビングも施されておらず、サウンド的にはさほど意匠を凝らしていない。この種のアルバムはタイミング命、出しちゃったモン勝ち的なところがあるので、多少のやっつけ仕事には目をつぶり、取り敢えずリリースしちまえ的になっちゃった部分が大きい。ただ余計なスタジオ・ワークで過剰に悲劇的になることもなく、結果的にはサウンドがシンプルな分だけ、生身のAmy、初々しいデビュー当時から末期までのヴォーカルの変遷を俯瞰することができる。

20123

 Amyのように歌うことは努力すれば可能だ。だけど、Amyのように人の心を動かすことはできない。そういうことだ。


Lioness: Hidden Treasu
Lioness: Hidden Treasu
posted with amazlet at 16.02.10
Amy Winehouse
Islan (2011-12-02)
売り上げランキング: 4,001



1. Our Day Will Come
 2002年録音、デビュー作『Frank』がその翌年リリースなので、プレ・デビュー前、ほぼデモテープと考えてよいテイクだけど、サウンドはともかくとして、彼女のヴォーカルはすでに完成されている。バック・トラックは敢えてベタなレゲエ・ビートのオールディーズだけど、それが却ってAmyの個性を引き立たせている。
 
2. Between The Cheats  
 2008年録音、やはりオールディーズっぽいスタンダード調のナンバーが続く。
 生前はポップ歌手としての認知度が高かった彼女、こうして続けて聴いてみると、やはりジャズ・スタンダードとしての素養が高かったことがわかる。
 
3. Tears Dry (Original Version) 
 少しテンポの速い『Back to Black』収録ヴァージョンが先に世に出てるけど、録音時期としてはこちらの方が早い。
 ドスの利いたバラードが、聴く者の心臓を鷲掴みにする。一気に引き込まれるようなヴォーカル・パフォーマンスが繰り広げられる。両ヴァージョンを比較すると、確かにこちらのテイクの方が惹きつける力は強いのだけど、ポップ・ソングとしては濃厚過ぎるのかもしれない。ワールドワイドで売れるためには、多少マイルドにしておいた方が口当たりは良い。ただすぐに物足りなくなる。
 それが消費サイクルの速いポップ・ソングの宿命ではあるのだけれど。



4. Will You Still Love Me Tomorrow? 
 往年のハリウッドのミュージカル映画オープニングを思い起こさせる、壮大なストリングスのイントロ。なんと作者はあのCarole King、もともとはブリル・ビルディング一派のコーラス・グループThe Shirellesに書いたナンバーで、オールディーズでは結構定番とのこと。まぁ俺はそっち方面は詳しくない。
 ここでのリズム・トラックはお馴染みThe Dap Kings。近年ではずっとフォローし続けてきたSharon Jonesのバック・バンドとしての顔が強く、Amyとのコラボもすっかり目立たなくなってしまったけど、彼らとAmyとの相性はSharonをも凌駕する瞬間がある。もともとベクトルが全然違うので、比べるものじゃないけどね。
 
5. Like Smoke [feat. NAS] 
 デュエットという感じではなくて、あくまでAmyのヴォーカル・パートとNASによるラップ・パートとの組み合わせ。スタンダード一辺倒だけでなく、こういったリアルタイムのアーティストとも積極的にコラボしていることも、Amyの飽くなき探究心の表れであるだろうし、プロデューサーとして終生永く寄り添ったSalaam Remiの舵取りの上手さなのだろう。

 
 
6. Valerie ('68 Version)
 『Back to Black』ヴァージョンよりギター・カッティングが強調されている、The Dap Kings参加のナンバー。バンドの音が少し大きくなっており、それに呼応してなのか、Amyもサウンドの一体感を感じてリラックスしたヴォーカルを披露している。
 Amy本人もお気に入りの曲だったとのことなので、ライブで歌い込んでゆけば、もっと違ったヴァージョンも聴くことができたのかもしれない。
 
7. The Girl From Ipanema
 あまりにスタンダード過ぎるため、今までオリジナルをまともに聴いたことがなかったけど、改めてこのアルバムで「こんな曲だったんだ」ということを知った。
 あらゆるシンガーに歌い尽くされた曲ながら、当時若干18歳のAmyが臆することなく、奔放に自分の解釈で歌い上げている。古色蒼然としたスタンダード・ナンバーにドラム・ループを導入して、現代にうまくリンクさせたRemiのサウンド・メイキングが良い仕事。
 
8. Half Time 
 やはりRemiプロデュースによる、ややポップ寄りのバラード・ナンバー。ドラム・ループを中心とした、シンプルなバック・トラックは同時代性ときちんとリンクしている。ちゃんとしたリズムさえあれば、彼女的にはバックはあまりこだわらなかったのかもしれないけど、やはり熟練の技がそこかしこで光るナンバーはAmyの神がかったパフォーマンスが脳裏に映る。
 めずらしく噛みしめるように、丁寧に歌うAmy。こんな一面もあるんだな、と再発見できる。

amy-winehouse-768

9. Wake Up Alone (Original Recording) 
 いわゆるデモ・テイクをどうにか商品レベルにブラッシュ・アップしたナンバー。エンジニアの苦労が偲ばれる。シンプルなギターのアルペジオとドラムのみのバッキングで、まだアルコールやドラッグに蝕まれていない頃のAmyが聴ける。
 ファースト・テイクに近いせいもあって、まだあまり曲を呑み込めていないのか、手探りで歌ってる感が強い。なので、『Back to Black』ヴァージョンとは違うフェイクも聴こえる。
 
10. Best Friends, Right?
 ライブではオープニングの定番だった曲が初収録。
 なぜこれほどクオリティの高い曲が今までリリースされなかったのか―。まぁ諸事情はいろいろあるだろうけど、単純にアルバムのどこかに嵌め込みづらかったんじゃないかと思われる。こういった形と言ってはなんだけど、まずは公式に音源化されたことを素直に喜びたい。
 ジャズ、ソウル、ポップそれぞれのオイシい要素がうまくイイとこ取りされた、ほんとオススメのナンバー。ご挨拶代わりとしては最適。
 
11. Body And Soul
 生前最後となった、憧れの大先輩Tony Bennettとのレコーディング。
 プロデュースは大御所Phil Ramone、ド定番のジャズ・スタンダードのカバーと、直球メインストリームのフィールド。さすがに小手先技や誤魔化しが効くはずもなく、さすがのAmyもここでは若干畏まった表情となっている。
 もともとTony主導で始まった企画なので、ある意味ゲスト的なスタンスで参加したAmy、無理やり振り絞るような晩年のパフォーマンスとは打って変わって、いい意味で責任丸投げでリラックスした感のAmyがそこにいる。

 
 
12. A Song For You
 Leon Russell作曲による、まぁ誰もが知ってるポップのスタンダード・ナンバー。
 実は俺がAmyに引き込まれたきっかけとなった曲である。生前のAmyについてはタブロイド紙のスキャンダルな側面しか知らず、このアルバム・リリースに伴うラジオOAで集中的に流れていたのが、ちょうどこの曲だった。
 初めて耳にした時のことは、結構鮮烈に覚えている。前述した通り、何というかこう、音楽を聴いて心臓を鷲掴みされた感覚を覚えたのは、結構久しぶりのことだった。
 ”Rehab”くらいは耳にしたことがあるけど、単なるポップ・スター程度の認識であって、それ以上の関心は起こらなかった。「スキャンダラスな死に方をしたビッチっぽい人」という、まぁほとんどの人が思ってた程度の認識だったため、先入観としてはネガティヴな印象だった。
 それがこの曲、Amyの歌い出しを聴いた瞬間、すっかりその世界に引き込まれ、ほんとその場ですぐamazonにオーダーしたくらい。そのくらい、Amyの歌は一時俺を虜にさせた。
 体調的には最悪だった2009年のレコーディングということもあって、ヴォーカルはかなり荒れている。ピッチも正確でじゃないし、曲間のフェイクだってヨレヨレだ。
 でも、そんなことは大した問題じゃない。どれだけきれいに譜面通りに歌おうとも、大勢の人を感動させるのは、また別の問題だ。聴く者の心臓を鷲掴みできるほどの衝撃を与えるためには、技術以外の才能が必要になる。
 しかも、それは自ら努力して獲得する類のものではない。神に選ばれし者のみが、その力を行使できる。そして選ばれし者は、決して歌うことを止めてはならないのだ。






I Told You I Was Trouble [Blu-ray] [Import]
Universal (2008-11-24)
売り上げランキング: 29,817
Album Collection
Album Collection
posted with amazlet at 16.02.10
Amy Winehouse
Republic (2012-10-09)
売り上げランキング: 202,019

Amyの遺していったもの - Amy Winehouse 『At the BBC』

folder 近年の女性シンガーの中では圧倒的にキャラが強くてゴシップも多く、それでいてただの流行りものではない、記名性の強いヴォーカライズで世間を魅了したAmy、非業の死からそろそろ4年経過しているのだけど、今ではすっかり話題に上ることもなく、潮が引いたように忘れられつつある。亡くなった直後はそれなりにエンタメ業界にも激震が走り、アウトテイクをかき集めたようなラスト・アルバム『Lioness: Hidden Treasures』がリリースされたのだけど、その後はこのBBCライブがリリースされたのみで、それ以降の動きはほとんどない。未発表音源や他アーティストによるトリビュートの動きもあると思っていたのだけど、そういった盛り上がりもなさそうである。

 音楽業界に限らず、現在エンタテインメントの第一線で活躍するアーティストには、その才能とは別に、コンプライアンスの遵守が強く求められている。かつてのようなドラッグまみれで自堕落なロックン・ロール・ライフを送る者への風当りは強く、今じゃチャンスすら与えられない状況が続いている。
 スキャンダラスな言動やパフォーマンスによって注目を浴び、スターダムにのし上がる行為自体は、今でも続いている。しかし、一旦ヒットを産む存在になると、そこから路線変更を強いられる。ソフィスティケートされたエンタメ業界において、ファッションとしてのアウトローは、今でも十分セックス・シンボルとしての需要はあるけど、あくまでビジネスとして割り切って演じなければ、次第に隅に追いやられてしまう。イメージの世界以外では、常識人としての立ち振舞いが求められるのだ。

 そういった制約を窮屈に思っていたのか、はたまたそこまで考えが及んでなかったのか。結果的に破滅的な生涯ばかりが取り沙汰されるAmy、ある意味、生まれ来る時代を間違えてしまったんじゃないかと、都度思ってしまう。

AmyWinehouse_1924907a

 Amyと同じような流れを歩んだアーティストで、俺が真っ先に思い出したのがJanis Joplin。彼女もまたAmy同様、本当に心を開ける友人や恋人が周りにいなく、孤独な生涯を短く生きた人である。キャリアの絶頂でオーバードースで亡くなってしまった部分も、Amyと重なっている。ちょうど次のアルバムのレコーディング途中だったため、残された音源をどうにかこうにかつなぎ合わせ、追悼盤として『Pearl』が作られ、皮肉にもJanis最大のヒットとなったのは有名な話。
 Janisの場合、その後も破天荒な生き様が70年代ロック特有のロマンチシズムと合致して、無数のフォロアーやインスパイアされた作品も含め、彼女自身の発掘音源も時々リリースされているのだけど、Amyに至っては、そういった動きもほとんどない。

 Janisが亡くなったのが70年代初頭、当時はまだロック・ビジネスも黎明期で、彼女のように波瀾万丈なストーリーも、話題性のひとつとして寛容に受け入れられるような雰囲気はあったのだけれど、現在ではAmyのようなアーティストにとって生きづらい時代になっている。表舞台での破天荒ぶりは許容されているけど、一旦プライベートに返ると、良き家庭人としての側面を見せなければならないのだ。

 Amyの場合、生前フル・アルバムとしてリリースされたのは実質2枚、死後に1枚と、物量的にはかなり少ない。しかも最近のリリース傾向として、1年も経たないうちに2枚組デラックス・エディションが出るという流れ なので、すでにマテリアルが使い尽くされている状況である。実際の活動期間も短いため、掘り返したとしてもリリースできるほどのクオリティのアイテムがどれだけあるか。
 あとはライブ発掘に期待するしかないのだけど、これまた末期はアル中の度合いがひどすぎて、まともにフル・ステージ演じ切れなかったケースも多々なので、さてどれくらい残っているか。

winehouse_a

 Mark Ronsonのディレクションによる華々しいデビューによって、主にポップのフィールドで活躍してた人だけど、本来はBilly HolidayやHelen Merrillの流れを汲んだ、正統なジャズ・ヴォーカルの人である。特にそのスキャンダルに翻弄された生き方は、Billyと被る部分が多い。
 AmyとBilly、そして前述のJanisにも言えることだけど、どうしてもこの3人、スキャンダラスな面ばかりが強調されてしまい、純粋に音楽的観点での評価がしづらいところがある。音楽と対峙するその姿勢はとても真摯であるのだけれど、どうしても音楽自体より、そのバックボーン、音楽以外の生きざまやら行動様式に注目が行ってしまうことは、アーティストとしては不幸なスタンスである。

 Amyに絞って話を進めると、コンディションの違いはあれど、どのライブでも一回一回が真剣勝負、全身全霊を込めて感情を叩きつけるような姿勢でステージに上がっている。なので、ライブ・テイクを聴いてみると、どれひとつ同じ歌がないことに気づかされる。いい時は歴史に残る名演になるのだけれど、悪い時は、そりゃもう呂律も回らないくらいひどいもので、とにかくムラがある。
 ユルい構成によるサプライズが許容された昔と違って、緻密に構成されたエンタテインメントが求められる現代において、玉石混交な彼女の歌は規格外なのかもしれない。

 だけど、音楽に規律を求め過ぎるのは、ちょっと違うんじゃないかと思ってるのは、俺だけじゃないはず。


アット・ザ・BBC~スタンダード・エディション(DVD付)
エイミー・ワインハウス
USMジャパン (2013-03-06)
売り上げランキング: 17,681



 
1. Know You Now (Live At Leicester Summer Sundae 2004)
 デビュー・アルバム『Frank』収録。スタジオ・ヴァージョンはシンプルなバッキングでAmyのヴォーカルを引き立たせるサウンドだったけど、ここではホーン・セクションが目立っており、Amyの歌もサウンドの一部に過ぎない。
 やはり生バンドが入ると気合も違うのだろう。

2. Fuck Me Pumps (Live At T In The Park 2004)
 同じく『Frank』収録。UKでは4枚目のシングルとして切られ、最高65位。まだ”Rehab”フィーバー前なので、この時期のシングルはどれもチャート・アクションは弱い。
 基本、スタジオ・テイクと変わらないシンプルなアレンジで、60年代ソウルとジャズの融合した形。ジャジー・ソウルではない。そんな洒落たテイストの曲ではない。

3. In My Bed (Live At T In The Park 2004)
 『Frank』からの3枚目のシングル・カット。これだけの数のシングルがあったということは、アルバムもそれなりのアクションだったのだろう。最終的にはUKではプラチナ獲得まで行ってるのだけど、多分”Rehab”以降のセールスも多かったと思われるので、リリース直後の動向は、ちょっとわからない。
 スタジオ・テイクはMark Ronsonコーディネートによるムーディーな現代版ビッグ・バンド的アレンジだったのだけど、ここではブラス・セクションが大活躍している。俺的には、スウィング時代のディーヴァが甦ったという設定の、スタジオ・ヴァージョンも好き。
amy-winehouse-hairstyle-long-black

4. October Song (Live At T In The Park 2004)
 この時期もそうだけど、Amyは主にバック・バンドDap-Kingsとの行動が多かった。以前も書いたけど、Amyとのコラボによってバンドの維持費を稼ぎ、そこで得たノウハウや資金をSharon Jonesとの活動につぎ込む、というループだったのだけど、近年ではSharonとの活動も軌道に乗り、安定した活動振りである、と言いたいのだけど、肝心のSharonも最近体調がよろしくない、とのこと。無事を祈りたい。
 ここまでがデビュー間もないAmyのパフォーマンスが聴けるのだけれど、まぁ見事に変わってないアバズレ振り。手練れのバンドの振り回し具合、そしてどれだけAmyが脱線しようとも、最終的には帳尻を合わせてくるバンド陣。絶妙なコラボレーションが堪能できる。

5. Rehab (Live At Pete Mitchell 2006)
 ここから2枚目『Back to Black』収録曲が続く。UKではチャート最高7位だけど、世界各国でゴールド、プラチナムを獲得しまくった、言わずと知れた大ヒット・ナンバー。日本でもFMを中心にヒットしたし、結構TVでもサウンド・クリップとして、いろいろなところで使われている。なので、老若男女、知ってる人は意外に多い、データだけでは計り知れない認知度を誇る楽曲でもある。
 ここでのアレンジは至ってシンプルなため、ドスの効いたAmyのヴォーカルが前面に出て迫力が引き立っている。Rehabの意味は文字通りリハビリ。その後の経緯を思うと、歌詞が突き刺さってくる。

6. You Know I m No Good (Live At Jo Whiley Live Lounge 2007)
 こちらもUK最高18位にとどまったけど、同じく人気の高い曲。俺的には”Rehab”よりこっちの方が好きだし、実際ネットでもこの曲へのリスペクトは高い。50~60年代の古いジャズ・ソングかと思ってたのだけど、後にオリジナルと知って、ちょっとビックリ。2枚目でこの貫禄だったのだから、さらにキャリアを積んだら、とんでもない存在になってたんじゃないかと思うのだけど、うまくいかないものだ。



7. Just Friends (Live At Big Band Special 2009)
 この曲もそうだけど、『Back to Black』における双頭プロデュース体制というのはかなり的を射ていたんじゃないかと思ってしまう。ヴィンテージなソウル・テイストのジャズ・ヴォーカル・ナンバーはSalaam Remi、キャッチーなポップ・ソウルはMark Ronsonと役割分担することによって、アルバム的にもバラエティ感が出、チャートでも十分健闘できるスタイルを、この時点ですでに築き上げていた。
 実はスタジオ・テイクはちょっと大人しめなのだけど、やはりここはDap-Kings、そろそろヘロヘロになりつつあったAmyをサポートしつつ煽り立てている。

8. Love Is A Losing Game (Live At Jools Holland 2009)
ご存じイギリスの有名な音楽番組『Later With Jools Holland』からのテイク。時々CSミュージック・エアでも再放送しているので、うまくいけば見れるかもしれない。
 この曲もスタジオ・テイクは無難なポップ・バラードなのだけど、ここではAmyがドスを効かせたジャズ・バラードに仕上げている。ミックスのせいなのか、ピアノのアタック音も強く、演奏陣も力が入っている。やはりJools Hollandの前では手を抜けないのか?
 
9. Tears Dry On Their Own (Live At Jo Whiley Live Lounge 2007)
 UK最高16位まで上昇した、こちらもファンの間では人気の高い曲。なので、追悼盤『Lioness: Hidden Treasures』にも初期ヴァージョンが収録され、ここでもまだ元気な声の頃のAmyのヴァージョンで収録されている。俺的にAmyは『Lioness: Hidden Treasures』が最初だったため、どうしてもこのヴァージョンが基本となってしまっている。



10. Best Friends, Right (Live At Leicester Summer Sundae 2004)
 ヴォーカル・プレイとしては、多分これがベスト・テイク。もっとも声も通ってるし、フェイクやアドリブも効いている。ジャズ・ヴォーカル特有の崩し加減が苦手なビギナーも多いのだけど、このレベルなら充分人を惹きつけられる。

11. I Should Care (Live At The Stables 2004)
 ただ、この曲以降になると、本格的なジャズ・ヴォーカルが多くなる。まぁアルバム構成上そうなったのだし、普段のライブでも、何曲かはこのようなスタイルのスタンダード・ジャズを演っている。
 もともとは1944年、Bing Crosbyに書かれた曲ということなので、スウィングの入ったジャズ・ソングである。

12. Lullaby Of Birdland (Live At The Stables 2004)
 同じライブから、もう1曲。Birdlandはもちろん、Charlie Perkerのライブハウスにちなんだもので、こちらもゴリゴリのジャズ・ナンバー。Ella FitzgeraldのためにGeorge Shearingが書いたことは、いま知った。

Amy-Winehouse-look-alike-amy-winehouse-27880394-2560-1677

13. Valerie (Live At Jo Whiley Live Lounge 2007)
 オリジナルは2006年UKインディー・バンドZutonsによるもので、2006年のワールドカップで頻繁にメディアに使用され、イギリスではお馴染みの曲らしいけど、まぁそんなことは俺もいま初めて知ったくらい。
 Mark Ronsonとのフィーチャー・シングルとしてリリースされ、こちらもUK2位、EU圏でも数々のトップ10入りを果たしている、近年にしてはめずらしくジャズ・テイストの強いポップ・ソング。

14. To Know Him Is To Love Him (Live At Pete Mitchell 2006)
 これも昔から有名な、Phil Spectorによるオールディーズ・ポップ・ソング。シンプルなバッキングに、素直なヴォーカルを乗せる、ゆったりとした秋の夜長を感じさせる、夜にピッタリのナンバー。



 と、ここまで書いてから、Amyのドキュメンタリー映画がひっそり公開されていたのを、すっかり忘れていた。7月にイギリスで上映されたのだけど、その後日本で公開されるのか、それともDVDのみの発売なのか、情報は入ってこない。そこそこのヒットはしたようだけど、まぁ作品の性質上、大々的なロードショーというわけにはいかないようだ。
 本国イギリスでは、まだ忘れられていないことがわかっただけでも、充分としよう。



I Told You I Was Trouble [Blu-ray] [Import]
Universal (2008-11-24)
売り上げランキング: 41,464
Ost: Amy
Ost: Amy
posted with amazlet at 16.02.11
Original Soundtrack
Republic (2015-10-30)
売り上げランキング: 47,196

姐さん、まだまだ現役っすネ - Marlena Shaw 『Who Is This Bitch, Anyway?』

folder 以前Steely Dan『Aja』のレビューで、影の主役はChuck Rainey(B)である、と書いたのだけど、その彼のまた別方面での良い仕事が、1974年にリリースされた、このアルバム。
 同じく『Aja』で名演を繰り広げたLarry Carlton(G)も一緒に参加しており、その他Harvey Mason(D)、David T. Walker(G)、Jim Gordon(D)など、当時のジャズ/フュージョン名盤では常連のメンツが勢ぞろいして、ほぼ好き勝手に最高のプレイを披露している。ただし、誰もがエゴを剥き出しにはせず、あくまで最高のシンガーMarlenaの最高の歌を引き立たせることを前提に、最高のコンビネーションでプレイしている。
 
 このアルバムがリリースされた1970年代のモダン・ジャズ・シーンと言えば、当時所属していたブルー・ノートも含め、業界全体に往年の勢いが失われており、時代はほぼフュージョン一色となっている。純粋なスタンダード・スタイルの4ビート・ジャズは、ほぼ伝統芸能レベルにまで廃れており、クロスオーバーというネーミングが表すように、ソウル/ファンクのテイストをあしらったサウンドが主流となっていた。
 メインストリームのジャズがそういった様相だからして、ましてや、どスタンダードなジャズ・ヴォーカルのニーズはさらに失われており、こちらも絶滅寸前にまで追い込まれていた。
 
 もともとブルース系レーベルのチェスでデビューを果たしたMarlenaは、ブルー・ノートにおいては、どちらかといえば異端的存在だった。逆に言えば、そのソウル/ファンク・テイストの強いキャラクターであったことが強みとなって、従来の古臭いジャズ・ヴォーカリストらに混じることなく、後世まで生き残ることができた。

tumblr_lzhw2hRt221qd1yv1o1_400

 リリースされてちょうど今年で40周年、もはや威光の失われた往年のジャズ・レーベルという不利な条件だったため、大きなセールスを上げたわけではないけど、いつまでも語られることの多い名盤である。
 レコーディング・メンバー、ヴォーカリストの個性や卓越したテクニック、ストーリー仕立てのコンセプト・アルバムである、などなど、様々な要因はあるのだけど、どれが決定打かといえば、それはちょっとわかりかねる。こういうのって、結局は人それぞれだから。ただ、どんな理由で惹きつけられようと、一度手に入れてしまったらなかなか手放すことのできない、もし手放してしまったとしても、再び手に入れたくなってしまう、そんな不思議なアルバムである。誤解を恐れずに言えば「緩慢な麻薬」のようなアルバムである。
 
 ジャズ・ヴォーカルというのは、かつて日本でも人気のあったジャンルだったらしいのだけど、今ではもうその勢いも見る影はなく、伝統芸能のような扱いとなっている。戦後間もなくだと、ポピュラー音楽と言えばジャズくらいしかなかったので、安定したセールスを誇っていたのだけど、1950年代後半からのロックやポップスの台頭によって、その座も失われて久しい。ジャズ・ヴォーカルのピークをFrank SinatraやHelen Meriillの時代として、それ以降もまったく絶滅してしまったというわけではなく、一応時代ごとに歌姫的な存在のアーティストは出てきてはいるのだけど、あいにく往年のブームを凌駕するまでには至っていない。

 日本でも1970~80年代にかけては、阿川泰子やマリーンなど、スタンダード・スタイルの女性ヴォーカリストが定期的に出てきてはいたのだけど、彼女らのタレント化に伴い、そういったムーヴメントも徐々に収束してゆき、今ではもう見る影もない。ましてや、男性ヴォーカリストなんてもう、誰かいたっけ?といった惨状である。

marlenashaw

 今後のジャズ・ヴォーカル界に未来はあるのだろうか?
 残念ながら、「純粋な」ジャズ・シンガーの需要というのは、もうほとんど見込めないのが現状である。純正のジャズ・ヴォーカルの復権はないだろうけど、歌の上手いシンガーという需要は、どの時代でも確実にあるので、ポップ・シーンとのコラボレーションによる生き残りは可能だろう。大きなヒットは見込めないし、絶対数は少ないけど、どの時代にだって、ディーヴァは必要なのだ。Aretha Franklinだって、もともとはジャズ/ゴスペル出身だし、近年だとAdeleのサウンドもジャズ・テイストが強い。
 そう考えると、Amy Winehouseの早逝は、実に痛いところ。
 
 全盛期にも増して、近年精力的なライブ活動を続けているMarlenaもまた例外でなく、フュージョン系ミュージシャンとの共演も多く、ワン・ショットではあるけれど、若手ジャズ・ファンク・バンドへのフィーチャリング参加など、他ジャンルからの需要はコンスタントに続いている。演奏レベルが高いバンドにとって、サウンドに負けないポテンシャルを持つシンガーというのは、必須アイテムである。彼女のような本物のシンガーを積極的に起用していることが、近年のNu-Jazzやアシッド・ジャズの成しえた貢献の、最も大きなひとつである。


フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ?
マリーナ・ショウ
ユニバーサル ミュージック (2015-09-30)
売り上げランキング: 7,873



1. Dialogue ~ Street Walking' Woman
 なかなか曲が始まらない。
 全体では6分の長尺だけど、実際の曲は後半3分くらいで、前半3分はまるまる男女の会話。バーの喧騒の中の会話という設定のため、聞き取りづらい上、ネイティヴな英語は日本人ではなかなか理解しづらい。他のサイトでの訳を読んでみると、まぁシャレオツながら中身のない会話の応酬なのだけど、アルバム全体のムードを印象づけるには、これくらいでちょうど良いのだろう。
 HarveyとChuckによる変幻自在のリズム・セクションは、彼らのキャリアの中でも特筆するほどのクオリティ。4ビートと16ビートがめぐるましく変化し、それに対して相変わらずのマイペースなDavid T.、ナチュラル・トーンと性急なカッティングの使い分けが絶妙。Mike Lang(P)もこのメンツの中では地味な方だけど、転調ごとにいなせなオブリガードを聴かせている。
 最後になってしまうけど、やはりMarlenaのBitchっぽいヴォーカルが熱い。終盤に差し掛かると、バンドとヴォーカルの相乗効果で、テンポも次第に上がってゆくことでファンク色が強くなり、最高潮の盛り上がりで占める。
 あぁもっと書きたいのだけれど、いまいち伝わらない。とにかく、聴いてほしい曲。

 
 
2. You Taught Me How To Speak In Love
 “いとしのエリー”の元曲。
 デビュー間もない頃のサザンは、この曲に限らず、「影響された音楽を素直に形にしてみました」感の強い曲が多い。パクリ疑惑も流れているけど、サザンの場合、そこまで悪意めいたサウンドではないので、むしろオマージュと考えた方がよい。だって俺、サザン好きだもん。
 演奏の主役はやはりDavid T.、このとろけるギター・ソロに、いったいどれだけのギタリストが憧れを抱き、そして夢潰えていったのだろう。単純な音色なのだけど、やはりこのタイム感、世界観の作り方はマネできるものではない。
 
3. Davy
 前半は正統なジャズ・ヴォーカル的ナンバー。効果的なストリングスが導入されており、往年のビッグ・バンドをバックに歌うMarlenaの姿が思い浮かぶ。この曲のギターはDennis Budimir、一般的な知名度はほぼないけど、当時のセッション・マンとしては人気があったらしく、彼のソロが入った頃になると空気感が変わり、Carole King系のポップ・バラードで軽やかに締める。
 
4. Feel Like Makin' Love
 オリジナルがRoberta Flackというのは、有名な話。
 LarryとDavid T.のダブル・ギターだけど、オブリガード中心のプレイで決して歌を邪魔していない。Marlenaのヴォーカルも終盤こそテンポ・アップしているけど、終始抑えたムード。良い曲とわかっているからこそ、大切に歌っているのだろう。
 とにかく様々なアーティストにカバーされまくってる曲であり、変わったところでは、なぜか今井美樹がカバーしている。これはこれで透明感のあるヴォーカルが好印象。

 

5. The Lord Giveth And The Lord Taketh Away
 Marlena自身による、ピアノ弾き語りのブルース・ナンバー。1分足らずの曲なので、セッションの合間の余興だったのだろうけど、多分思ったより出来が良かったので、収録に至ったのだと思う。こうして聴いてみると、ほんと幅の広いシンガーという ことがわかる。
 
6. You Been Away Too Long
 このアルバムのプロデューサーであり、アレンジャーでもあり、そしてこの曲の作者でもあるBernard Ighnerが現場でがんばった曲。まとめ役という立場上、どうしても裏方的作業が多くなりがちだけど、ここではフリューゲルホーンで参加。
 比較的メロウな曲で、もう少し甘くなれば類型的なA&M系のポップスになりがちなところを、Dennisのギターとドスの効いたHarveyのドラムがうまく締めている。

Marlena-Shaw

7. You
 こちらは少し甘みを強くしたバラード。こういう曲は、シンガーとしては歌ってて気持ち良いのだろうけど、聴き手側としては、よほど思い入れが強くない限りは、ただただ眠たくなってしまう場合が多い。演奏自体もメロウ感が強く、辛うじてMarlenaの声・歌唱で最後まで聴くことができる。
 そう考えると、ここ数年の徳永英明というのは、すごい存在である、と改めて思う。
 
8. Loving You Was Like A Party
 レア・グルーヴの中では、結構名の知られた曲。ちょっとクラブ系を齧ってる人なら、曲自体は聴いたことがある人は多いと思う。そう、Marlenaが歌っていたのです。
 Bitch再び、といった感じで気怠いアバズレ感漂うヴォーカルが、LarryとDavid T.のケツを引っぱたいて必殺フレーズを弾かせてるシーンが思い浮かぶ。いかにも70年代を連想させる、間奏からのシンセがまた泣きを誘う。グルーヴ感がハンパない曲なので、バラード以外のMarlenaを求めるのなら、ゼヒ。

 
 
9. A Prelude For Rose Marie
 
10. Rose Marie (Mon Cherie)
 映画音楽のような荘厳としたプレリュードに続き、アルバムのシメは穏やかで、ちょっぴりスウィートなポップ・ナンバー。これまで技の応酬だったセッション・メンバーを一新して、メロディを活かした音作りになっている。
 Marlenaも力を抜いて軽やかなヴォーカルを聴かせている。




フリー・ソウル/クラシック・オブ・マリーナ・ショウ
マリーナ・ショウ
EMIミュージック・ジャパン (2006-05-10)
売り上げランキング: 201,239
The Blue Note Years
The Blue Note Years
posted with amazlet at 16.02.07
Marlena Shaw
EMI Import (2003-09-16)
売り上げランキング: 662,455

カテゴリ
北海道の中途半端な田舎に住む、そろそろアラフィフ男。ほぼ週1のペースで音楽ブログ更新中。節操ない聴き方と思われてるけど、自分の中では一貫してるつもり。 最近は蔵書の整理がてら、古い本を再読中。ジョン・アーヴィングから始まって、フィッツジェラルドやゾラ、モームなど、いわゆる古典の復習中。いつになったら終わることやら。新刊読めねぇや。
QRコード
QRコード
最新コメント

音楽 ブログランキングへ


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村




アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: